カレンダー

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

野草園で最後に咲く花……「マルバノキ」

投稿日:2017年10月28日
3.みどころ情報

例年、野草園内に最後に咲く花とされている「マルバノキ」が、ついに咲きました

 

マルバノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバノキ(マンサク科)
高さ3m程の分枝した枝の葉腋に、ごく短い柄をもつ径1㎝程の暗紅紫色の花“2個背中合わせに”開くのが大きな特徴です。花径は1cm程に思えますが、花弁の先端からだと2cm程あります。花弁は5枚あり、星形に平開します。雌しべの回りに雄しべが5本、各々に未開の葯が2個づつ並んでいます。互生する葉は卵円形で基部は心形なので「マルバノキ」の名です。別名「ベニマンサク」は花が赤色であることに基づいた名前です。山地の谷間などに生える落葉低木で、開花と時を同じくして美しく紅葉してきます。          (「ウランウデの庭」ログハウスの裏に見られます。)
 

 

ツルシキミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルシキミ(ミカン科)の花と果実
本来の花期は3~5月ですが、野草園では毎年秋にも開花します。高さ50cmほどの雌雄異株の落葉小低木で、基部は地上を這います。直径5~8mmの球果が赤く熟した近くに白色~淡紅色の花を円錐花序に密につけています。花弁は4個で、長さ4~5mmの長楕円形の可愛い花です。互生する葉は長さ6~13cmで枝先に集まり、革質で倒卵状長楕円形です。ふちは全縁で表面には光沢があり、裏面には透明な油点があります。                      (園に入ってすぐの植え込み辺りに見られます。)


 

モミジ(カエデ)の仲間が次々に色づいています

ヤマモミジ 紅葉②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマモミジ(ムクロジ科)の紅葉
北海道~島根の、主に日本海側の山地に分布するモミジです。高さは5~10m、葉は対し基部は心形で、掌状に5~9裂します。裂片の先は尾状にとがり、縁には不ぞろいの欠刻状の重鋸歯があります。葉柄は長く、上面には大抵溝があります。2個1対の翼果は長さ約2cmで、鈍角またはやや鋭角に開きます。イロハモミジはほぼ真っ直ぐに開きます。              (「カエデの森」など、所々で見られます。)



このカエデの仲間は、掌状の葉でもなく、紅葉でもなく黄葉です。

チドリノキ黄葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チドリノキ(ムクロジ科)の黄葉
カエデの仲間ですが、子供の可愛い掌のような葉ではなく、長さ7〜15cm、幅3〜7cmの卵状長楕円形で、切れ込みはありません。葉の先は尾状に鋭くとがり、基部は浅いハート形で、ふちには鋭い重鋸歯があります。しかし、春の花や実、そして秋の黄葉を見ると、やはりカエデの仲間です。名は実の形が千鳥に似ているところからチドリノキと呼ばれます。             (「カエデの森」に見られます。)