野草園からのおしらせ

遅咲きの“ツツジの仲間”

投稿日:2014年6月17日
3.みどころ情報

ほとんどのツツジは、6月に入ると間もなく散ってしまいましたが、この時期になって咲きだす“奥手”の仲間がいます。

 

0617サツキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サツキ(ツツジ科)

山奥の岩肌などにも自生します。家庭では盆栽などにして親しまれています。ツツジの仲間では開花が1ヶ月ほど遅く旧暦の5月『皐月』の頃に咲き揃うところから名が付いたと言われています。

 

 

0617バイケイソウ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイケイソウ(ユリ科)

新芽は葉を幾重にも巻き合い、葉巻を突き立てたような状態で生えてきます。湿地に生え、高さは1mにもなります。花がウメに似ているのでこの名のようです。肥大した根茎には強力な毒があります。

 

 

0615ウリノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウリノキ(ウリノキ科)

白い花弁は6枚で、写真のように著しく外側に巻き込みます。黄色く見えるのは長~い雄しべで、12個あります。おもしろい形の花ですが、長持ちせず、すぐに落ちてしまいます。名は葉の形がウリに似ているからです。

 

 

0613オオバギボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバギボウシ(ユリ科)

ご存知の“ギンボ”です。多年草なので、毎年同じ場所に生えます。名は橋の欄干に取り付けられている“擬宝珠”につぼみが似ているからのようです。

 

 

0617リナリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リナリア(ゴマノハグサ科)

金魚のしっぽのような形をした小さな花を、長い茎にたくさん付けるので「ヒメキンギョソウ」とも言われます。寒さに強く、発芽率もよい植物です。