野草園からのおしらせ

距が伸びた黄色の花を釣り下げる、キツリフネ

投稿日:2019年9月4日
3.みどころ情報

キツリフネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツリフネ(ツリフネソウ科)

山地の林内や林縁など、湿った半日陰地に生育する1年草で、草丈は50cm程です。葉の付け根から花茎を出し、黄色の花を釣り下げます。淡紅色のツリフネソウの距が巻いているのに対して、本種は距が伸びています。 (「クリンソウの谷」の西側に見られます)

 

 

エゾオヤマリンドウ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾオヤマリンドウ(リンドウ科)

高山の日当たりの良い草原や登山道脇などに生える多年草で、エゾリンドウの高山型と考えられています。花は青紫色の花弁で5つに裂けて上向きに少し開き、茎頂とその付近につきます。 (「薬草コーナー」の北側斜面に見られます)

 

 

リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

湿地に生える多年草ですが、本園では春だけでなく秋にも咲きます。葉は丸い形をしています。黄色に見えるのは花弁状の萼片で花弁はありません。鮮やかな黄色が金色のように見え、立った茎に花をつけるので「立金花」と名付けられたようです。 (「クリンソウの谷」を流れる小川などに見られます)

 

 

キバナコスモス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナコスモス(キク科)

メキシコ原産の1年草で、昭和になってからようやく一般化しました。コスモスよりは草丈が低く40~60cmで長い柄の先に径6cm程の花をつけます。花は濃橙黄色で半八重咲きのようです。 (「スワンヒルの庭」に見られます)

 

 

ヤマボウシの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシの果実(ミズキ科)

6月にヤマボウシの花が咲きました。中心にあった淡黄緑色の小さな花が密集してくっつき、花弁や雄しべが散り、雌しべだけが残って集合果になりました。そして今は、それが大きくなり赤く色が着いてきました。それを食べてみると柔らかくマンゴーのような食感があります。 (「中央広場」など所々に見られます)