カレンダー

2018年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

袋?を持つ花『クマガイソウ』

投稿日:2015年5月10日
3.みどころ情報

5.10 クマガイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマガイソウ(ラン科)

杉林の林床などに多く、長い地下茎で繁殖する多年草です。ランでは珍しく幅の広い2枚の葉がほぼ対生状に付き、袋状に大きくふくれている花を、茎の先に1個つけます。花の大きさは、袋の横幅で3~4㎝くらいです。この袋状の唇弁を、武将熊谷次郎直実の母衣(ほろ)に見立てて和名が付きました。

 

 

5.10 サルメンエビネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルメンエビネ(ラン科)

エビネの仲間では、最も北まで生える多年草で、北海道まであるそうです。高さ20~30㎝の花茎に、小さな花(花径2㎝程)を10個ほど付けます。小さな花の唇のようになっているところを、赤褐色で縮れている顔の猿に見立てての名前です。

 

5.10 ラショウモンカズラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラショウモンカズラ(シソ科)

本州~九州、朝鮮に分布する多年草。シソ科の植物にしては大きな花(花の長さは4~5㎝)をつけ、目立ちます。明るい樹林下などに生育し、本園では「ひょうたん池」の西側の林床に咲いています。和名は、紫色の花を、羅生門で切り落とされた「青鬼の腕」に例えたと言われています。

 

 

5.10 ヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマシャクヤク(ボタン科)

林の斜面や林床などに生育する多年草。草丈は、30~40㎝程で、無毛で柔らかい羽状の複葉を付けます。花は完全には開かず、開いても2~3日くらいで散ってしまいます。美しい姿を見られた人はラッキーです。(野草園では、今がチャンスです) これから、赤い花の「ベニバナヤマシャクヤク」も咲いてきます。