カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

袋の形をした花「クマガイソウ」が開花

投稿日:2017年5月17日
3.みどころ情報

5.8 クマガイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマガイソウ(ラン科)

杉林や竹林などに多く生育し、長い地下茎で繁殖する多年草です。ラン科ではめずらしく幅の広い2枚の葉が対生状に付き、袋状の唇弁の花を1個茎に付けます。名前は”熊がいそう”な場所に咲くのではなく、袋状の花を源氏の武将熊谷次郎直実が背負った母衣に例えて「熊谷草」とつけられたものです。(「ひょうたん池」の西側等に見られます。)

 

5.16 サワオグルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワオグルマ(キク科)

日当たりの良い湿原などに生える高さ50~80cmの多年草で、名前は花がオグルマに似ているからです。根生葉はへら状の披針形で、茎葉は無柄でその基部は茎を抱いています。茎の先に黄色い菊のような花を散房状に多数付けます。(「水辺の花」に見られます。)

 

5.4 ラショウモンカズラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラショウモンカズラ(シソ科

林の下に生育する多年草で、太い筒状の青紫色の唇形花を横向きに数段つけます。下唇には濃い紫色の斑点が見られます。名は、花の形が羅生門で切り落とされた「青鬼の腕」に例えられ付けられたと言われています。(「ひょうたん池」の西側に見られます。)

 

5.7 ヤマツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマツツジ(ツツジ科)

北海道から九州まで広く分布し、山や林内の日当たりの良い場所に成育します。半常緑低木で、枝や葉裏の葉脈に毛があります。朱色をした漏斗型の花は5裂し、花弁の内側に濃紅色の斑点があります。雄しべは5本で、枝先に2~3個ずつ咲かせます。(「ツツジの丘」等、所々に見られます。)

 

5.11 サクラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラソウ(サクラソウ科)

山地の湿り気の多い所に生える多年草で、花が美しいのでよく栽培され園芸品種も多いです。葉は楕円形でしわが多く縁は浅く切れ込んでいます。名前はサクラに似ているから付いたようです。しかし、サクラソウは5枚に見えるハート形の紅紫色の花弁は下の方がくっ付いていて筒状になっている合弁花です。(「クリンソウの谷」の北側に見られます。)

 

5.12 フデリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フデリンドウ(リンドウ科)

春に咲く小さなリンドウで、茎の高さが約5cm、その先に1cm程の青紫色の花を数個付けます。花は上向きに咲き日光が当たると開き、雨天や夕刻では閉じてしまいます。名前は、花が閉じたときの形が筆の穂先に似ているから付いたようです。(「ひょうたん池」の西側に見られます。)