カレンダー

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

蜜を出してたくさんの蝶を引き寄せるハナトラノオ

投稿日:2018年8月5日
3.みどころ情報

ハナトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナトラノオ(シソ科)

北米原産で大正時代に渡来した草丈60~120cmの多年草で、茎は角張りピンク色の花の総状花序が直立します。1つの花は唇形で下から上へ順に咲いていきます。総状花序が虎の尾のようにやや長く、花が美しいのでこの名がついたようです。別名カクトラノオ。 (「スワンヒルの庭」の西側に見られます)

 

 

アキノキリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノキリンソウ(キク科)

山野の日当たりの良い草地などに生える草丈30~80cmの多年草です。直立した茎の上部に黄色の小花をたくさん総状につけます。小花は中心に筒状花、周りに舌状花がまばらに並びます。名はキリンソウに似ているからつけられたと言われています。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

ヤマウド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウド(ウコギ科)

山野に生える多年草で高さ1~1.5mになり、葉は2回羽状複葉です。若芽は春の山菜として好まれます。茎の上部で分岐し、球状の散形花序を多数つけます。その花序の小花は淡緑色5弁花で径3mm程です。 (「アジサイロード」などに見られます)

 

 

ヤナギタンポポ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギタンポポ(キク科)

山地のやや湿り気のある所に生える多年草で、高さが0.3~1.2mです。葉は根生葉と茎葉があり、互生します。黄色い花は舌状花だけからなります。花がタンポポと似ていて、葉がヤナギの葉と似ているからこの名前があります。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

シラタマノキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキの果実(ツツジ科)

亜高山帯の山地の草地などに生える高さ30cmほどの常緑小低木です。春に、径5mm程度のドウタンツツジのような釣鐘形の小花をつけました。今は写真のような径1cm程の白い球果になっています。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます)