野草園からのおしらせ

葉を車輪のように輪生するクルマユリ

投稿日:2019年7月28日
3.みどころ情報

クルマユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマユリ(ユリ科)

本州中部以北の山地の草原などに生育する多年草で草丈30~100cmです。茎の中央より下側に細長い卵形の葉を10枚程車輪のように輪生することから名がつきました。上部には小さな葉が互生します。枝先には花弁の反り返った6弁花の橙色の花を下向きに付けます。 (「野草の丘」の西斜面などに見られます)

 

 

ハス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハス(スイレン科)

古く中国から渡来し、仏教と関わりの深い植物で、よく寺院の池などに植えられます。径30~50cmの丸い大きな葉を水面から立ち上げ、花茎に大きな花を付けます。花弁が16個程で中央に黄色の花托があり、雌しべが埋まるようについています。名はそれが「蜂巣(はちす)」に似ているのでハスとなったようです。 (「クリンソウの谷」に見られます)

 

 

ウマノスズクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

つる状の多年草で茎は長く伸びて周りのものにからみつきます。葉のわきから花柄を出して花を横向きにつけます。花は、花弁はなく萼が楽器のサキソフォンのように曲がり、先端に紫褐色の毛が密生しています。基部が球状に膨らみそこに雄しべと雌しべがあります。名の由来は果実が馬の首にかける鈴に似ているからのようです。 (「ひょうたん池」の北側に見られます)

 

 

マルバハギ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバハギ(マメ科)

山野に生える落葉低木で、葉は3出複葉、小葉は楕円形で先が丸いか少し凹みます。それで名前がついたようです。花は旗弁が紅紫色で、翼弁が濃紅紫色、そして竜骨弁が淡紅紫色で翼弁より短いです。花は密集して花序をつくり、その花序は葉より短いです。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

オモダカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモダカ(オモダカ科)

水田や水路等に生える多年草です。葉の形は独特で、下半分が2つに裂けたやじり形で長さが7~15cmです。花は小さく白色の3弁花で、雄花と雌花が付きます。 (「クリンソウの谷」の小川に見られます)

 

 

ツユクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツユクサ(ツユクサ科)

道ばたや草地に生える1年草で、草丈15~50cm、直立することはなく、茎は地面を這います。1.5~2cmほどの青い花をつけます。花弁は3個あり、上部の2個は青く大きいが、下部の1個は白くて小さく目立ちません。雌しべが1個、雄しべが6個で3個が長いです。早朝に咲いたこの花は午後にはしぼんでしまいます。 (所々に見られます)