開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

葉も茎も花も白い毛が密生するオキナグサ

投稿日:2019年4月27日
3.みどころ情報

オキナグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキナグサ(キンポウゲ科)

釣鐘形の暗紫色の花が茎の先に1個付き、葉や茎が白い毛で覆われ、花弁状の萼片の外側にも白い毛が密生します。花が終わった後、雌しべは長い羽毛状の果実になり、それを白髪の老人(翁)の頭に見立て名がついたようです。 (「七草の庭」の南側に見られます)

 

 

トガクシショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トガクシショウマ(メギ科)

日本特産の1属1種で、深山の林内に生える多年草です。長野県にある戸隠山で発見されたのでこの名がありますが、別名トガクシソウとも言います。花は径2cm程、淡紫紅色で6個の花弁に見えるのは萼片で、花弁は小さく白色で中にあります。花はやや下向きに開きます。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

ニリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニリンソウ(キンポウゲ科)

山野の林内に生える多年草で、地下茎でふえるので群生することが多いです。葉は3つに深く裂けています。葉が有毒のトリカブトの葉と似ていることでも知られています。白色の花は5個の萼片で花弁はありません。1つの花茎に2個の花をつけるのでこの名がついたようです。 (「藤棚」の西側に見られます)

 

 

トウゴクマムシグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウゴクマムシグサ(サトイモ科)

山地の林の下に生える多年草で雌雄異株です。花のように見えるのは仏炎苞で緑色~紫色、筋が入り筒口部少し曲がって耳状となっています。中にある付属体の下に、雄株は雄花序が、雌株には雌花序があります。この雌花序が秋になると成熟し赤い果実になります。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

ハウチワカエデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハウチワカエデ(ムクロジ科)

房状の花を数個ずつ付けます。紅紫色のものは萼片で長さは7mm程、花弁は萼片より短く淡黄色、葯が黄色い雄しべが8個あります。雌雄同株で花序に雄花と両生花が付いています。葉は、「羽団扇楓」と名がつけられたように大きく、秋には鮮やかに紅葉します。 (「ボルダーの庭」の東側などに見られます)

 

 

レンギョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンギョウ(モクセイ科)

中国原産の落葉小低木で、庭によく植えられます。枝は中空で伸びた枝は垂れ下がります。葉に先立って、深く4裂した黄色い花弁の花を枝いっぱいに咲かせます。果実は漢方薬に用いられます。 (「吉林の庭」の東側に見られます)

 

 

アカシデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカシデ(カバノキ科)

樹皮は暗灰色でなめらかですが、老木になると筋状のくぼみが目立つ落葉高木です。枝にはたくさんの雄花序が垂れ下がり、1つ1つの雄花は赤茶色を帯びた苞と雄しべからなっています。雌花序は枝先に付き1つ1つの雌花は苞と花柱からなっており、葉の展開と同時に開花します。(「野草の丘」の東側に見られます)