野草園からのおしらせ

茎頂にたくさんの青紫色の小花をつけたクガイソウ

投稿日:2019年7月10日
3.みどころ情報

クガイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クガイソウ(オオバコ科)

山地の草地に生える草丈80~130cmの多年草で、細長い葉を4~8枚を数階に輪生するので名が「九階草」となったようです。茎頂に穂のような長い総状花序をつくり多数の青紫色の小花を下から上へ密に付けます。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

カキラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキラン(ラン科)

山野の日当たりの良い湿地に生える草丈30~70cmの多年草です。葉は茎の中程から上に互生し、次第に小さくなります。花は茎の先に10個程付け下から順に咲きます。花の唇弁の内側には紫色の斑紋があります。名前は、花の橙黄色が柿のような色をしているのでついたようです。 (「水辺の花コーナー」に見られます)

 

 

クサレダマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサレダマ(サクラソウ科)

山野の湿地に生える草丈50~100cmの多年草で、茎は直立して枝分かれをしません。葉は3~4枚を輪生し、茎の上部に円錐状の花序を付けます。花は黄色い花弁で深く5裂しています。名は「草レダマ」で、レダマとはマメ科の低木レダマの花に似ているからのようです。 (「水辺の花コーナー」に見られます)

 

 

オオバジャノヒゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバジャノヒゲ(キジカクシ科)

山地の林内に生え草丈20~30cmの多年草です。根生葉は線形で、中心から曲がり気味の紫褐色の茎を立て、その上部に淡紫色の花を数個つけます。花被片(花弁)は6個です。名前は細くて長い線形の葉を、蛇のひげに見立てたものです。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

タカネマツムシソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカネマツムシソウ(スイカズラ科)

高原の草地などに多い2年草で、マツムシソウよりは背が低く花は大きいようです。茎頂に菊に似た青紫色の花を付けます。花の中心部の多数の小花は筒状で5裂し、周りの小花は5裂しますが外側の裂片が大きいです。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます)

 

 

イヌトウバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌトウバナ(シソ科)

山地の木陰に生える多年草で草丈20~50cmです。葉は対生し卵形で鋸歯があります。枝先の花穂に白色でやや淡紫色を帯びた小さな唇形花をつけます。萼は緑色で長い軟毛が多いです。(所々に見られます)