野草園からのおしらせ

茎先に白い花が円形に集まった、オオハナウド

投稿日:2019年6月5日
3.みどころ情報

オオハナウド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオハナウド(セリ科

山地に生える大形の多年草で、背丈が1~2m。葉は3出複葉で大きく、セロリのようです。枝先に多数の白い花をほぼ円形(複散形花序)に付けます。その花たちは外周部の花の方が大きく、特に花の外側の1花弁が大きくて深く2裂しています。 (「クリンソウの谷」の南側に見られます)

 

 

フランスギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスギク(キク科)

花はマーガレットとよく似ていますし、園芸種と思われがちですが野生の花です。ただし名の通り帰化植物です。葉はへら形で切れ込まず、基部が少し茎を抱く点や中心の筒状花が盛り上がる点がマーガレットと異なるところです。 (「ボルドーの庭」の北側などに見られます)

 

 

ミヤマカラマツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)

山地の湿った林内や岩上などに生える多年草です。茎は高さ20~70㎝で、葉は2~3回3出複葉で柔らかいです。花は散房状花序で小さな白い花を多数つけます。1つの花は花弁がなく、萼片は開花するときに落ち、たくさんの雄しべの花糸が広がっています。名は深山に生えるカラマツソウの意味です。 (「深樹の小径」に見られます)

 

 

ヒレアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒレアザミ(キク科)

アザミ類は多種多様で見分け方が容易でありませんが、本種はすぐに見分けがつきます。茎に翼、いわゆるヒレがあるからです。道ばたや河原の土手などに生える多年草で、花は紅紫色で枝先に数個集まってつきます。茎全体にヒレがあり、そのふちに刺が生えているのが特徴です。 (「スワンヒルの庭」の西側に見られます)

 

 

オオバスノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバスノキ(ツツジ科

山地に生える落葉低木で、葉は葉柄が短く、噛むと酸っぱいことが特徴で、それが名前の由来のようです。花は赤~緑白色の鐘形で下向きに数個ずつ開き、花後、果実は黒くなります。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ナツハゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツハゼ(ツツジ科)

山地の林内や林縁に生える高さ1~3mの落葉低木です。緑白色で紅色を帯びる花が下向きに付く花序を枝先から横に出します。花は鐘形で先が浅く5裂し裂片が少し反り返っています。秋に黒く熟す果実は甘酸っぱくて食べられ、山形では「ヤカンコ」などと呼ばれています。 (「ツツジの丘」や「ロックガーデン」に見られます)

 

 

イブキジャコウソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキジャコウソウ(シソ科)

海岸から高山まで広い範囲に生える小低木ですが、背丈が非常に低く草のようです。茎が地面を這って分枝します。花は淡紅色で小さな唇形花を多数つけます。名の由来は伊吹山に多く、芳香を出す(葉に芳香成分を出す腺点が多数ある)からのようです。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ブタナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブタナ(キク科)

ヨーロッパ原産の多年草で、す。葉は根生葉で、花茎が50cm以上になります。上部で1~3に枝分かれしてタンポポのような黄色い花を付けます。名前の由来はフランスの俗名「ブタのサラダ」を訳したものだそうです。 (所々に見られます)