カレンダー

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

花冠が少し広がった…「ソバナ」

投稿日:2016年7月31日
3.みどころ情報

0731 ソバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソバナ(キキョウ科)

山地に生える、高さ50~100cmの多年草。葉は先の尖った卵形で、互生します。茎の上部に、長さ2~3cm釣鐘型の淡紫色の花をまばらに付けます。花冠の先が広がり花柱が花冠から出ない点などが区別点です。“ソバ”とは崖の事を指しているようです。     (「深樹の小径」などに見られます。)

 

 

 

7.16 ハス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハス(ハス科)

インドなど古く大陸から渡来した多年生水草。長い根茎はレンコンと呼ばれます。径40~50㎝の葉は水面から抜き出て切れ目のない円形です。花茎もまた水面から立ち上がり、花弁16枚ほどの美しい花を開きます。花径10~25cmの花には芳香もあります。     (「クリンソウの谷」に見られます。)

 

 

 

8.19 ノカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノカンゾウ(ススキノキ科)←ユリ科

日当たりの良い草地などに時々見かける、高さ60cmほど多年草。細長い剣状の葉を何本も出し、その中央から花茎を伸ばし、2又に枝分かれして、橙赤色の花を数個つけます。ユリに似た6弁の花は、花被片の長さが7㎝程で、上向きに開きますが、夕方にはしぼむ一日花です。    (「花の草原」に見られます。)

 

 

 

8.29 クサフジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサフジ(マメ科)

草地や林縁などに見られるツル性の多年草で、長さは80~150㎝になります。上部の葉腋から総状花序を出し、小さな青紫色の蝶形花をたくさんつけます(花長6mm程)。葉は羽状複葉で、先端は巻ひげになっています。名は“藤”に似た花を付けることからのようです。     (「ハーブ園」の周辺などに見られます。)