カレンダー

2018年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

花の王様。ボタン

投稿日:2012年5月30日
3.みどころ情報

 中国では花王とよばれているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタン(ボタン科)

 古い時代に日本に渡ってきた中国原産の落葉低木です。はじめは薬用として

栽培されていましたが、今は観賞花木として庭園に栽培されています。現在栽培

されているのは30~40種あるそうです。葉は2回3出複葉で互生します。今年

のびた枝の先に大きな美しい花を1個つけます。花の色は白、淡紅色、紅色など

いろいろあります。

 

 林の間伐を行ったところ、たくさん出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビネ(ラン科)

 山地の林中に生える多年生草本です。花は、数枚束生した葉の間からでた花茎に

10個内外つけます。外側の花びらは紫褐色で内側の花びらは白っぽい色をしています。

園芸品種にはない素朴な味わいがあります。名は、数珠状に連なった地下茎が海老に

似ているからです。エビネの仲間は花が美しいので観賞用に栽培されます。

 

 

 近くの山地によく生えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラジロヨウラク(ツツジ科)

 本州中部以北の山地に生える落葉低木です。葉の表面は薄い緑色をして、

裏面は白色を帯びていて、枝の先に集まって輪生状についています。枝の先に

花柄を数本出して、筒状鐘形の花が垂れ下がります。萼片は5個で花は淡紅紫色で

筒の先は浅く5裂します。

 

 

 紫色がきれいなミヤコワスレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤコワスレ(キク科)

 山地の木陰に生える多年草であるミヤマヨメナが原種で、観賞品として

育成されたものが本種です。ノシュンギクともいい原種よりも葉が長く花が

多いようです。青紫色の花はキク科にはめずらしく春に咲きます。承久の乱

に敗れ鎌倉幕府に佐渡に流された順徳天皇はこの花で慰められ、都恋しさ

を忘れたという伝承があるそうです。

 

 ハーブ園の花が咲き始めると初夏という感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャイブ(ユリ科)

 アサツキに似ていますが、鱗茎をつくらず夏に休眠しないところが違うようです。

和名はエゾネギで、アサツキの葉をさらに細かくしたような小形のネギです。多くの

料理や薬味に利用できる他、花はドライフラワーにも向くそうです。紫色のねぎ坊主が

可愛らしく、観賞用としても楽しめます。ハーブ園で咲いています。