開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

花の形はまさしく釣鐘《ツリガネニンジン》

投稿日:2020年8月2日
3.みどころ情報

ツリガネニンジン (9) DSC_0060ツリガネニンジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリガネニンジン(キキョウ科)
花の形は、まさしく釣鐘そのものです。花をよく見てみると、萼は細く、雌しべが花から突き出ています。本格的な夏の暑さはこれからですが、ツリガネニンジンは秋を感じさせる植物です。そういえば、8月に入り立秋はもうすぐ。季節は少しずつ少しずつ移っています。夏と秋がのりしろで重なっているようです。 (「薬草コーナー」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0841 DSC_0837ソバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソバナ(キキョウ科)
ツリガネニンジンと似ていますが、よく見比べてみると、花から雄しべが出ていません。また、葉や花も輪生していません。簡単に見分けることができることと思います。薄暗い林の中で、優しい青色が印象的です。 (「深樹の小径」などで見ることができます)

 

 

 

DSC_0627 DSC_0635

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズヒキ(タデ科)
林の縁などやや薄暗い所に生えます。草丈のおよそ半分が花穂で、小さな花を多数付けます。4枚の萼片が花弁に見え、上の3枚が赤色、下の1枚が白色で上から見ると花は赤く、下から見ると白く見えます。紅白のツートンカラーを祝儀袋の水引に例えたことが名前の由来です。 (「藤棚」の北側など所々で見ることができます)

 

 

 

ダキバヒメアザミ (1) ダキバヒメアザミ (13)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダキバヒメアザミ(キク科)
ノアザミが終わりしばらくたつと、入れ替わるようにダキバヒメアザミが咲き始めます。紅紫色の花は上を向き、葉は基部でしっかりと茎を抱きます。名前の由来は、ヒメアザミに似ていて、葉で茎を抱くアザミということです。新潟県から東北地方の低地や山地帯の林縁などに生えるアザミです。 (「クリンソウの谷」など所々で見ることができます)

 

 

 

DSC_0605 P7190390

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユウガギク(キク科)
漢字で書くと“柚香菊”、柚の香りがする菊”ということですが、実際はほとんど感じられないようです。羽状に深く切れ込む葉、白い舌状花が印象的ですが、東北南部から北関東にかけては淡紫色花も見られるようです。 (「クリンソウの谷」など所々で見ることができます)

 

 

 

P7241400 P7241403

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチフウロ(フウロソウ科)咲き始め
名前の由来は、茎が長く「立ち上がった姿のフウロソウ」ということです。薄紅色の花弁に、濃い紅色の筋が入った花弁を5個付けます。山地の草地などに生える草丈50~80cmの多年草です。(「ロックガーデン」で見ることができます)