開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

花の大きさと芳香 《ヤマユリ》咲き始め

投稿日:2020年7月18日
3.みどころ情報

P7190335 P7171307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマユリ(ユリ科) 咲き始め

7月下旬の主役、ユリの女王“ヤマユリ”が咲き始めました。本州中部から北の山地に生える、日本固有種のユリです。大きいもので花径が20cmを超えるほどの大形の花を数個つけるので、その重みによって倒れがちになることさえあります。この時季、ヤマユリに近づくと、その強い芳香に驚いてしまいます。「いよいよ本格的な夏だよ!」と教えてくれるような花です。(「薬草コーナー」向かい側斜面などで見ることができます)

 

 

 

DSC_0754キキョウ DSC_0750

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キキョウ(キキョウ科)咲き始め
秋の七草として良く知られている、ご存じキキョウ。茎の上部に青紫色の花を開きます。英語名で“バルーンフラワー”と呼ばれます。なるほど、蕾の形が風船のようです。秋の七草のひとつですが、山上憶良の詠んだ「秋の七草」にでてくる「アサガオ」がキキョウのことだと言われています。 (「マグノリア道り」や「七草の庭」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0374 P7190398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブカンゾウ(ワスレグサ科)
春の若葉はおいしい山菜のひとつだそうです。また根も薬用として利用されています。花は咲いても種子ができない植物なので、地下茎で増えていくようです。八重咲きのように見えるのは、雄しべや雌しべが花弁のように変化しているからです。(「マグノリア通り」や「学習センター」西側で見ることができます)

 

 

 

P7171304 P7171301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネムノキ(マメ科)
ネムノキの名前のとおり、夜になると葉を閉じてしまいます。枝先に10~20個の紅色の花を付けますが、花弁は小さく、花のように見えるのはたくさんの淡紅色の長い雄しべです。その中に白い糸状の雌しべが混じっています。 漢方で、樹皮が鎮痛や精神安定に使われるようです。(「中央広場」の東側などで見ることができます)

 

 

 

P7190341 DSC_0647 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リョウブ(リョウブ科)
樹皮が薄片となってはがれ落ち、はがれ落ちた跡は茶褐色でなめらかに見えます。特徴のある樹皮なので、すぐリョウブと分かります。(ナツツバキやサルスベリの樹皮に似ています)枝先に小さな白色の花をたくさん付けますが、雄しべや雌しべが長く花から出ています。 その昔、葉を保存食とし、飢饉に備えたとも言われています。(「マグノリア通り」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0628オオダイコンソウ

P7140210

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオダイコンソウ(バラ科)
ダイコンソウという名前がついていますが、バラ科の植物です。根生葉がアブラナ科の大根の葉と似ていることが名前の由来になっています。茎先に黄色い5弁花を付けますが、花には雄しべと雌しべがたくさんあります。オオダイコンソウの花を見つけたら、ぜひ接写してみましょう。 (「吉林の庭」などで見ることができます)