カレンダー

2017年8月
« 7月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

良い香りのするブラシの様な花…「ウワミズザクラ」

投稿日:2017年5月19日
3.みどころ情報

ウワミズザクラ 遠ウワミズザクラ 近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウワミズザクラ(バラ科)

花序(花の付き方)を見るとサクラの仲間とは思えませんが、目を凝らして花1つ1つを見ると確かにサクラです。新枝の先に白花を密集して付け、長さ6~8㎝のブラシ状の花序を作ります。径6mm程の五弁花長い雄しべが目立ちます。特に蕾や種に甘い良い香りがあり、“杏仁香”と呼んで食用にするところもあるそうです。     (「ひょうたん池」西側などに見られます。)

 

 

 

サルメンエビネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルメンエビネ(ラン科)

エビネの仲間では最も北まで生え、北海道にもあるそうです。数枚束生した葉の中心から40cm程の茎を立ち上げ、径2㎝程の黄赤褐色の唇弁花を10数個つけます。唇弁が赤みを帯び、シワが寄っているのをサルの顔に見立てての和名です。   (「大平沼」南東側に見られます。)

 

 

 

ナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)

山形市民には“市の木”として知られています。奇数羽状複葉の葉は、秋には鮮やかに紅葉し、赤い球果とともに目を楽しませてくれます。花は写真のように径1㎝程の真っ白い花を多数集めて付けます。「7回カマドに入れても灰にならないほど硬い。」など、名前の由来は諸説あります。     (「ナナカマドの森」に見られます。)

 

 

 

キタマムシグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタマムシグサ(サトイモ科)

山地の林床などに普通に見られる、高さ30~80cmの多年草。従来「コウライテンナンショウ」と呼ばれていた植物です。本種は、仏炎苞がかなりヘルメット状に膨らみ白条が広がって半透明になるという形質を持っています。   (「大平沼」南東側に見られます。)

 

 

 

アオダモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオダモ(モクセイ科)

遠くから見ると、白くフワッとした花が目立ちます。別名「コバノトネリコ」と呼ばれる落葉高木で、高さは10mほどになります。“バットの木”として知られ、木材は堅く粘りがあるだけでなく、“青墨”を作るための着色剤として使えるほど青い色素を持っています。   (「大平沼」北側などに見られます。)

 

 

 

エゾノタカネヤナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾノタカネヤナギ(ヤナギ科)

北海道の高山地帯に自生する匍匐性の小低木。高さは20㎝程度で地面を這うように伸びます。葉はやや革質で軟毛があり、長さ3~4cmの花穂を立てます。“地面に咲くネコヤナギ”のようです。       (「ロックガーデン」の頂上付近に見られます。)