野草園からのおしらせ

背が高くなったクリンソウたち

投稿日:2019年6月10日
3.みどころ情報

クリンソウの群生2左クリンソウの群生2右

 

 

 

 

 

 

クリンソウ4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリンソウの群生

湿地の「クリンソウの谷」は背の高くなったクリンソウでいっぱいです。クリンソウは、数個の花を茎に輪生状につけます。花茎を伸ばしながら花を輪生状に5~6段までつけます。現在は葉が大きくなり、5又は6段目に紅紫色の花が輪生しているクリンソウが多く見られます。もう最後です。

 

 

ムシャリンドウ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムシャリンドウ(シソ科)

山地や原野の日当たりの良い場所に生育する多年草です。葉は線形で対生します。茎頂に紫色の唇形花を数個付け、花は筒部が太く唇弁に紫斑があります。名前の由来は花がリンドウに似ていて、滋賀県武佐町で発見されたことによるようです。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

シャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャクヤク(ボタン科)

中国原産で、花はボタンとそっくりです。違いは、葉に切れ込みがなく、背丈が60~100cmの草本です。ボタンは木本です。萼片は5個、園芸品種が多く花の大きさや色、咲き方は多様です。本種は雄しべが花弁化して八重咲きになっています。 (「薬草コーナー」に見られます)

 

 

ベニバナヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナヤマシャクヤク(ボタン科)

林下に生える多年草です。草丈40~50cmでヤマシャクヤク似た丸い形の花を咲かせますが、色が紅紫色で葉の裏に軟毛が生えていることや、雌しべの先が曲がっていることが違います。開花期間が短いので花を見られたら幸運です。 (「ミズバショウの谷」の東側の杉林に見られます)

 

 

 

ノイバラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノイバラ(バラ科)

原野や河原など、最も広く見られる野生の半つる性の低木です。枝には刺があり枝先に芳香のある白い花の総状花序を付けます。花の直径は2cm程で花弁は5枚で多数の雄しべがあります。 (「ロックガーデン」の北側などに見られます)

 

 

トチバニンジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチバニンジン(ウコギ科)

山地の木の下に生える草丈60cm程の多年草です。葉は倒卵形の5葉の複葉で、それを輪生します。立ち上げた細い茎に、球形の散形花序を出し、淡黄緑色の小さな花を多数つけます。花後、数個の真っ赤な丸い果実をつけます。 (「深樹の小径」の入り口付近に見られます)

 

 

レッドキャンピオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドキャンピオン(ナデシコ科)

ヨーロッパ~アジアに分布し、日当たりの良い荒れ地などに生育するハーブです。全体が短毛に覆われ、枝分かれした茎の上部に径2cm程の5弁花を咲かせます。花弁が深く切れ込んでいるので10弁花に見えます。香りはあまりしませんが、花や葉はサラダに利用されます。 (「ハーブ園」に見られます)