カレンダー

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

美しい野生のツツジが次々と咲き出しました

投稿日:2018年4月30日
3.みどころ情報

トウゴクミツバツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウゴクミツバツツジ(ツツジ科)

関東の山々でよく見られるのでトウゴクの名がつきました。葉が開く前に紅紫色の花を横向きに咲かせます。花は深く5裂し広く開き、雌しべの子房に長い毛が密生します。花弁上部内側に褐色の斑点があり、萼筒をつまんでみると粘る感じがします。枝の先に葉を3枚輪生させます。 (「ツツジの丘」の南東側の斜面などに見られます。)

 

 

ムラサキヤシオツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキヤシオツツジ(ツツジ科)

花弁は5裂し広く開き、上の花弁の内側に黒い斑点があります。萼や花柄には毛が密生しています。「紫八染(ムラサキヤシオ)ツツジ」は紫の染料で8回も染められたほど鮮やかな紫色の花の色から名前がつきました。葉は花と同時に開き、枝先に数個集まって付きます。 (「ツツジの丘」に見られます。)

 

 

シロヤシオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヤシオ(ツツジ科)

太平洋側の山地に多く、花が白いので清潔な感じのするツツジです。花は広い漏斗形で先が5裂して上面の花弁の内側に緑色の斑点があります。葉は枝先に5枚輪生状に付くことから「五葉(ゴヨウ)ツツジ」とも言われます。 (「ツツジの丘」に見られます。)

 

 

イカリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イカリソウ(メギ科

太平洋側に多く分布し、山の林の中などに生える多年草です。花の色は淡い紅紫色で、花は下向きに開き、4個の花弁から伸びた長い距が四方に突き出して上の方に曲がっています。名前は花の形が船の碇に似ているので名づけられたようです。 (「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

チングルマ*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマ(バラ科)

背丈は10cm程と小さくても木本です。雪解け後の湿地などに生える高山植物です。白い花にたくさんの黄色い雄しべと雌しべが目立ちます。花後に、雌しべの花柱が伸びそこに毛が車輪状に生えます。その様子を「稚児車(チゴグルマ)」に例え名がついたようです。(「水辺の花コーナー」などに見られます。)

 

 

カキドウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキドウシ(シソ科)

道端などに生える多年草で、茎は長く横に這い所々から根を下ろします。葉は円形で縁は丸い鋸歯です。花は淡紅紫色の唇形で、下唇に紫色の斑点があります。名前は、茎が長く伸び垣根を越えて隣の庭まで行ってしまうのでついたようです。 (園内の所々に見られます。)