カレンダー

2017年10月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

綺麗に咲いた花を見られた人は幸運!…「ヤマシャクヤク」

投稿日:2017年5月13日
3.みどころ情報

ヤマシャクヤク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマシャクヤク(ボタン科)

林の中の斜面などに咲く、草丈30cm程の多年草。無毛で柔らかそうな葉は2回羽状複葉で、花径は4~5cmです。花弁は白色で5~7枚、花が咲いているのは2,3日で、すぐにパラッと散ってしまうので、綺麗に咲いた花を見られた人は幸運です。準絶滅危惧種になっている貴重な花です。   (「深樹の小径」の付近や「ひょうたん池」西側に見られます。)

 

 

 

ミツガシワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツガシワ(ミツガシワ科)

氷河期の生き残りと考えられる、湿地や浅い水中に生える多年草。名の元になった3枚の葉と並んで花茎を立て、白色の小花を総状に付けます。じょうご型の花は径1~1.5cm、5枚の花弁の内側に毛があり、一風変わった花です。寒さに耐えるために毛があると考える人もいるようです。     (「大平沼」に群生が見られます。)

 

 

 

ナンブソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンブソウ(メギ科)

主に林内に生育する、高さ20cm程の小形の多年草。長さ5~6cmの独特の形の葉が3枚、茎頂に付きます。花は長い花柄を伸ばし、長さ2~3cmの白色小花の花穂を付けます。小花には花弁も萼もなく、10本程度の雄しべと1本の雌しべからできています。岩手県の南部地方で発見されたことによる名前です。      (「深樹の小径」に見られます。)

 

 

 

ヤマブキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキソウ(ケシ科)

花がバラ科のヤマブキにそっくりですが、花弁の数が4枚で“草本”で、まるで別の種であることが分かります。茎や葉を切ると黄色の乳液が出る事からは“ケシ科”である事が伺えます。ヤマブキに似た花で草本であることから「ヤマブキソウ」です。   (「薬草コーナー」の先に見られます。)

 

 

 

ツクバネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクバネソウ(シュロソウ科)

高さ20cm程の茎の頂に、長さ5~10cmの大きな葉を4枚広げ、中心に1個の淡黄緑色の花を上向きに付けます。花糸が長く、花柱は4つに分枝します。外花被片(花びら)は緑色の萼片状になっています。果実が径1㎝程の羽根つきの羽子に似ているので、この和名です。     (「深樹の小径」などに見られます。)

 

 

 

クルマバツクバネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマバツクバネソウ(シュロソウ科)

前述のツクバネソウと似ていますが、草丈が20~40cmと少し高く、何よりも葉が6~8枚輪生するのが特徴です。この葉の様子が“車輪”のように見えるので“クルマバ”となりました。4枚の外花被片は緑色の萼片状となり、内花被片は黄色を帯びた糸状になっています。花後の果実はやはり“羽根つきの羽子”のようです。     (「深樹の小径」の奥の方に見られます。)

 

✿✿ サクラの開花状況 ✿✿

 ○ミヤマカスミザクラ、カスミザクラ…ほとんど散りました。    ○ミヤマザクラ、ウワミズザクラ…今から咲きます。