カレンダー

2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

細い葉が蛇のヒゲ…オオバジャノヒゲ

投稿日:2015年7月14日
3.みどころ情報

7.14 オオバジャノヒゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバジャノヒゲ(ユリ科)

山地の林内に生える、草丈20~30cmの多年草。根生葉は線形で、中心から曲がり気味の茎を立て、上部に淡紫色の小花を数個咲かせます。花径は6~7mm程度で、花被片は6枚、花後には美しい深青色の種子ができます。和名は、細くて長い線形の葉を、蛇のひげに見立てたものです。    (「マグノリア通り」に植栽)

 

 

 

7.14 タケニグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケニグサ(ケシ科)

2mにもなる茎は中空で、これが竹に似ているので「タケニグサ」と言われているようです。掌状に裂けた大きな葉は、粉白色を帯びています。茎頂に大きな円錐花序を付け、1cm程の白色小花を多数付けますが、花弁に見える萼片は開花と同時に落ち糸状の雄しべや雌しべが現れます。     (「大平沼」の周辺などに生育)

 

 

 

0716マツカサアザミ

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツカサアザミ(セリ科)

原産地はヨーロッパで、乾燥した土地に生えます。40~100cmの直立した茎にはちいさな棘があり、枝先に付く青紫色の頭花を包む総苞片も線形で、棘のように見えるので“アザミ”の名が付いたようです。葉も縁が切れ込み、棘のようなギザギザがあります。   (「友好姉妹都市の庭」に生育)

 

 

 

0715ヤマハハコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハハコ(キク科)

長野県以北に分布する多年草で、山地の路傍や草原に生育します。高さは30~70cmで、線形の葉はやや厚くて表面にはクモ毛があり、裏は密生して白色です。頭花は5~10mm程で、白色の花弁に見えるのは、黄色い花の部分を包む総苞片です。   (「ロックガーデン」に生育)