開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

立ち姿が美しい“クガイソウ”

投稿日:2020年7月8日
3.みどころ情報

P7130119 P7071151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クガイソウ(オオバコ科)
草丈が1mほどになり、茎の頂に青紫色の美しい花をつけます。穂のような形の花は小さな筒形の花の集まりで、いろいろな種類の昆虫がやってきます。葉が茎に輪になって付き、それが9段ほどになるので“九階草”という名前がついています。クガイソウを見たら、葉の段数を数えてみましょう。(「吉林の庭」などで見ることができます)

 

 

 

DSC_0642クマノミズキ DSC_0233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキ(ミズキ科)
5/26に紹介したミズキの仲間の樹木です。ミズキより1ヶ月ほど遅れて開花します。ミズキの葉は互生ですが、クマノミズキの葉は対生ですので、見分けがつきます。紀伊半島の熊野で発見され、ミズキと同じように春先に枝を切ると水のように樹液が流れ出ることが名前の由来です。 (「シャクナゲの丘」などで見ることができます)

 

 

 

P7071144 P7071146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツムシソウ(スイカズラ科)
7月に入ると、少しずつ秋の花と言われている花が咲き始めます。本種の名前の由来も、“松虫が鳴く頃に花が咲くから名がついた”ということのようですが、“松虫”は《童謡:“虫の声”》の最初に登場する秋の虫です。まだ、アブラゼミすら鳴き始めていないのにどうしたことでしょう。 季節は“のりしろ”が重なるように、少しずつ少しずつ変わっていきます。(「スワンヒルの庭」の東側で見ることができます)

 

 

 

P7071118 P7071121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンギンボク(スイカズラ科)別名:ヒョウタンボク
春に花が咲く頃、最初に白い花が咲き、その花は次第に黄色に変化していくので“キンギンボク”と呼ばれています。写真を見ると、別名“ヒョウタンボク”というのが一目瞭然です。綺麗な赤い実でとてもおいしそうですが、有毒です。絶対に食べてはいけません。(「クリンソウの谷」の北西側で見ることができます)

 

 

 

DSC_0654チダケサシ P7071131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チダケサシ(ユキノシタ科)
薄いピンクの花の色が緑の葉をバックにすると良く映え、なんとも言えない美しい色合いです。本種の茎にキノコの乳茸(ちだけ)を刺して持ち運んだということが、名前の由来だそうです。 (「ひょうたん池」の南側などで見ることができます)

 

 

 

P7071141 P7071138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノコギリソウ(キク科)
葉の形を見ると、なるほど、鋸(のこぎり)のような形をしています。それで、“ノコギリソウ”という名前がついています。古くは平安時代の文献にも登場する花のようですが、ノコギリソウと呼ばれるようになったのは江戸時代の文献からのようです。 (「七草の庭」などで見ることができます)