カレンダー

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

秋の彩りが目に鮮やかです……「友好姉妹都市の庭」

投稿日:2017年10月14日
3.みどころ情報

◆野草園は、紅葉を楽しむには、まだちょっと早い感じがします。現在の見どころは、友好姉妹都市の庭ですね。一度紹介しましたが、“今の見どころ”として再掲載します。

 

 

友好姉妹都市の庭 花盛り - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆手前に見える鮮やかな黄色い花は「ゴールデンピラミッド」。黄色を“ゴールデン”、花の集まりが“ピラミッド”を思わせるのでこの名です。奥に見える「25」の花文字は「センニチコウ」、“紅の色が千日もあせない”との名です。画面から外れていますが、左側にはコスモスが綺麗に咲いています。“秋桜”とも表現されますので、いかにも秋にお似合いの花です。   (「スワンヒルの庭」)

◆その他、「友好姉妹都市の庭」周辺には次のような花や果実が見られます。

 

 

シュウメイギクタイワンホトトギス (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆左…シュウメイギク(キンポウゲ科)
「秋明菊」とも表現され、“この花が咲くと秋の盛り”です。“菊”の名がついていますが、アネモネの仲間で、花弁に見える部分は“萼”です。                         (「吉林の庭」)
◆右…タイワンホトトギス(ユリ科)
8月末に咲き始めましたが、とても花期の長い花です。現在もたくさん咲き、蕾もついています。   (「吉林の庭」)
                                
 

 

キバナコスモス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナコスモス(キク科)
一見、色だけが異なる橙黄色のコスモスに見えますが、径1.5㎝程の頭花は舌状花が“八重”になっています。草丈も低目で30~120㎝なので比較的風に強く、コスモスが強風で倒れても、キバナコスモスは健在です。メキシコ原産の一年草で大正時代に渡来した種といわれます。              (「スワンヒルの庭」の上部)

 

◎ 果実もたわわです。
 

サンシュユ果実ナツハゼ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆左…サンシュユの果実(ミズキ科)
春は「春黄金花」と呼ばれるように、淡黄色の小さな花を沢山咲かせましたが、秋は「秋珊瑚」ともいわれ、真っ赤に熟した果実をたわわに付けます。果実は食べられますが、渋くてとても苦いです。    (「吉林の庭」)

◆右…ナツハゼの果実(ツツジ科)
黒く熟した径4~6mmの丸い液果は、味は甘酸っぱく、山のおやつとして食べられます。果実の表面は光沢があり、上面にはハチマキをしたような白っぽい環があります。ですから、山形では“ヤロコハチマキ”とか“ヤカンコ”等と呼ばれます。  (「ツツジの丘」)