カレンダー

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

秋の七草の可愛い花、カワラナデシコがいっぱい咲いています

投稿日:2018年8月9日
3.みどころ情報

カワラナデシコの群生カワラナデシコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラナデシコの群生(ナデシコ科)

「七草の庭」や「マグノリア通り」の日当たりの良い草地に、草丈が50cm程のカワラナデシコが所々に咲いています。茎頂や上部の葉のわきに花を付けます。ピンク色の花弁は5個で縁が細かく切れ込み優美です。白色の花もあります。花期は長く9月上旬まで咲いています。 (「七草の庭」などに見られます)

 

 

タチフウロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチフウロ(フウロソウ科)

山地の草地などに生える草丈50~80cmの多年草です。葉は掌状に5~7裂し、細く立ち上がった茎の先に径3cm程の淡紅色で濃い紅色の筋が入った5弁花を付けます。名前は立ち上がった姿のフウロソウということです。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ミズタマソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズタマソウ(アカバナ科)

山地の林内や林縁に生える草丈20~60cmの多年草です。茎には下向きの毛が生え、茎の節は赤褐色を帯びることが多いです。茎の先や上部の葉腋から総状花序を出し、小さな白色の花をつけます。花弁は2個で2裂しています。名前は白い毛の密生した果実が露にぬれている様子を、水玉に見立ててつけられたものです。(「藤棚」の北側に見られます)

 

 

ハナイカダの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナイカダの果実(ハナイカダ科)

林内に生える落葉低木で雌雄異株です。雌株も雄株も葉の上に花をつける珍しい木です。今は雌株の葉の上に黒い果実を1個つけています。 (「深樹の小径」の入り口付近に見られます)