カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

秋に咲くノゲシ

投稿日:2012年8月29日
3.みどころ情報

 くすんだ黄色がすてきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノノゲシ(キク科)

 山野に生える2年草です。葉は互生し、長楕円状披針形、逆向きの羽状に分裂し、

葉質はやわらかく光沢はなく、にごった黄緑色です。茎も葉も毛はなく切ると白い乳

液がでます。花は淡黄色で上向きに咲きます。総苞は円柱形で、花の咲いたあと下

の方がふくれて上部が狭くなります。名はノゲシに似ていて秋に開花するからです。

 

 

 花は小さいが、かわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミゾソバ(タデ科)

 山地あるいは原野の水辺に生える1年生草本です。茎の上部は直立し、下向きの刺が

あります。茎の下部はひげ根を出し、地下に分枝する枝を出しその小枝の端に閉鎖花を

つけ、白色の果実が実ります。葉は有柄で互生し葉身はほこ形で、ミゾソバより大きく、毛

が多いようです。枝先に白色または淡紅色の小形花をつけます。

 

 

 若芽はトトキといって食用にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリガネニンジン(キキョウ科)

 カモシカの大好きな野草なので、毎年同じ場所のツリガネニンジンが

食べられてしまいます。園内にはたくさん自生しているので、観賞する

には大丈夫なのですが。枝先に円錐花序をつくり、鐘形で青紫色の花

を下向きにつけます。