野草園からのおしらせ

矢を地面に突き立てたような花……「オニノヤガラ」

投稿日:2017年6月22日
3.みどころ情報

オニノヤガラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニノヤガラ(ラン科)

光合成をせず、ナラタケ属の菌に寄生し養分を得て生活しています。葉が付いていないまっすぐな茎を地面に突き立てて花を付けている様子は、まるで地面に矢が突き刺さったようで一種異様にさえ見えます。茎の上部に付く1~1.5cmの花は3萼片が合着して壺状になり、中に2個の側花弁と長楕円形の唇弁があります。    (「木道」から杉林の林内などに見られます。)

 

 

✿✿ ハーブ園の花たちも少し賑やかになってきました。

 

ジキタリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジキタリス(オオバコ科)

高さ1~2mに伸ばした花茎に穂状に花を咲かせます。長さ3~5㎝の花は釣鐘型で、内側に特徴的な斑紋が入ります。大きな葉はカサカサした手触りです。多量に摂ると有毒と言われ、不吉なイメージから「魔女の指ぬき」「血の付いた男の指」等と呼ぶ地域もあるということです。

 

 

 

リナリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リナリア(オオバコ科)

草丈は20~60cm、とても丈夫な性質であちらこちらに飛んで広がっていきます。金魚の尻尾の様な形をした小花をたくさん付ける事から、「ヒメキンギョソウ」とも言われます。上向きの花びら(上唇弁)が縦に大きく裂け、ウサギの耳のようにも見えます。花色は紫、ピンク、白色、赤と多彩です。

 

 

 

ペントステモン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペントステモン(オオバコ科)

ペンステモンとも呼ばれる、山地に自生するイワブクロの仲間です。高さ30~80cmの茎の上部に、先が5裂した花筒の長い花を咲かせます。雄しべが5個あるように見えるので、ギリシア語の“5”の意味を表す名が付きました。 

  

 

 

レッドバレリアン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドバレリアン(オミナエシ科)

草丈は50~80cm、光沢のある葉を持ち、赤い小花が密生して付きます。花は5つに裂けた合弁花で、付け根に“距”と呼ばれる、後ろに突出した部分があります。花には菜の花のような香りがあり、スープや添え物に使われます。