カレンダー

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

真っ赤な紅葉と黄金色の果実が美しい……「アブラツツジ」

投稿日:2017年10月18日
3.みどころ情報

アブラツツジ果実・紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラツツジの紅葉・果実(ツツジ科)
 枝先に輪生状に集まった葉の裏面は光沢があり、油を塗ったようであることから和名が付きました。春に咲く花は緑白色の壺型の小花で余り目立ちませんが、秋には鮮やかに紅葉します。又、径2~3mmの果実黄金色に輝いて綺麗です。          (「マグノリア通り」に植栽しています。)

 

 

ルイヨウショウマルイヨウショウマ果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルイヨウショウマの果実(キンポウゲ科)
比較的深山の林下などに自生する高さ40~70㎝の多年草で、左写真のように茎頂に白色の小花総状花序に付けていました。今熟している果実は径約6㎜ほどの黒い液果です。名の由来は、葉がサラシナショウマの葉に似ることから、類葉(るいよう)升麻(しょうま)の名になったようです。    (「大平沼」南東側に見られます。)



 

オオバクロモジ黄葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバクロモジの黄葉(クスノキ科)
緑色のすべすべした肌に、次第に黒い斑紋がでることが多く、〝黒文字〟の名の由来となっている樹木です。葉や切った枝が芳香を放つ事でも知られています。緑の葉の表は艶がなく、裏はやや白っぽい感じです。この季節は葉が黄変し、園に明るさを与えています。カツラの黄葉と一緒に楽しんでください。     

      (「マグノリア通り」などで見られます。)

 

 

ヤマボウシ紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシの紅葉(ミズキ科)
花や葉はハナミズキにとても似ている樹木です。白い花弁に見える苞(萼)は段々ピンク色を帯び、花後にはサクランボのような果実を付けましたが、今は葉が暗赤色に紅葉しています。渋い赤の紅葉も一味違った美しさを感じます。各地の山野に普通に自生する落葉高木で、名は丸いつぼみの集まりを坊主頭に、白い苞をそれの頭巾に見たてたものです。      (「中央広場」周囲などに見られます。)