カレンダー

2017年6月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

真っ白な“春の妖精”が咲き出しました。…「アズマイチゲ」

投稿日:2017年4月11日
3.みどころ情報

アズマイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ(キンポウゲ科)

春の短い期間だけ咲いてすぐに枯れてしまう、“スプリング・エフェメラル(春の妖精)”の一つです。8~13枚の花弁状のものは萼で、基部と裏側は少し紫色を帯びていて、花径は3~4cmです。葉は切れ込みが少なく、肩を落としたように垂れ下がっているのが特徴です。    (「ハーブ園」の北西側の林下に見られます。)

 

 

ミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスミソウ(キンポウゲ科)

本園では、オオミスミソウより一足遅れて本種が咲き出します。花弁状の萼片は6~9枚、花径は2~2.5cm程とオオミスミソウより小さ目です。花色は赤紫色~白色と多彩です。雪解けを待って咲き出すので、本種も「ユキワリソウ」の別名があります。   (「ひょうたん池」の東側などに見られます。)

 

 

ショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマ(シュロソウ科)

地表に広がったロゼット状の葉が雪の下から顔を出すと、その中心から淡紫色の花が咲き出します。短い花茎の先に、横向きに付く数個の花は、花被片が6個で、長さは1㎝程です。花径はこの後ぐんぐん伸び、種を飛ばすころには高さ20cm程にもなります。花の色を想像上の妖怪の顔色に、葉を袴に見立てての和名です。     (「ロックガーデン」に咲き出しています。)

 

 

ナニワズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニワズ(ジンチョウゲ科)

山地に生える低木で、別名は「エゾオニシバリ」。枝や皮は鬼を縛れるほどの強さを持っているそうです。枝の先に輪状に集まった葉の中央付近に、黄色く咲く花径1cm程の小さな花は、萼が筒状になって先が4裂したものです。「ロックガーデン」の西側の登り口に生育している株が、真っ先に咲き始めています。