カレンダー

2018年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

白い苞の花で被い尽くされているヤマボウシの木

投稿日:2018年6月10日
3.みどころ情報

ヤマボウシが満開ヤマボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満開のヤマボウシ

園内の所々にヤマボウシの木があります。木にはたくさんの白い苞の花が咲き誇っています。まるで枝の上が花で被い尽くされているような感じがします。花が終わり、秋になると赤く熟した果実がいっぱいつきます。

 

 

コウホネ* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウホネ(スイレン科)

山地の池や沼に生育する多年草の水草で、水面に浮いている葉は長卵形で深い切れ込みがあります。花の黄色の花弁に見えるものは萼片で、柱頭盤は赤くありません。名前の「河骨」は水中の横に這う白い地下茎が白骨のように見えることからついたようです。 (「ひょうたん池」に見られます。)

 

 

トキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トキソウ(ラン科)

日当たりの良い湿地や沼の周辺に生育する草丈10~30cmの多年草です。茎の葉は披針形で1枚だけ、茎頂に付く淡紅紫色の花は長い萼片と2個の側花弁を持ち、唇弁の中裂片は肉質の毛状突起が密生します。名前の由来は花の色がトキ(水鳥)の風切り羽の桃色に例えたからのようです。 (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

シロバナカキツバタ*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナカキツバタ(アヤメ科)

青紫色のカキツバタがたくさん咲く所に、数株だけ白いカキツバタが咲いています。背丈も花の形も青紫色のカキツバタと同じです。花被片の色はみな白色で、葉にも中脈はありません。カキツバタの変種なのでしょう。 (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

サツキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サツキ(ツツジ科)

他のツツジの花期は5月ですが、本種は1ヶ月ほど遅い6月です。6月は旧暦の5月「皐月(さつき)」になり、名がつけられたと言われています。葉もツツジの中では最も小さく光沢のあるものが多いです。栽培品種も多く庭木や公園樹、生垣にたくさん使われています。 (「吉林の庭」や料金所の北側に見られます。)

 

 

ユリノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリノキ(モクレン科)

北米原産で高さ30mにもなる落葉高木です。葉の形に特徴があり、半天に似た形をしているから別名「ハンテンボク」と言います。枝先に黄緑色で付け根にオレンジ色の斑紋がある花弁でチューリップに似た径6cm程の花を付けます。だから「チューリップツリー」とも呼ばれます。 (「ナナカマドの森」の北西側に見られます。)