野草園からのおしらせ

白い小花をたくさんつけるガマズミの木

投稿日:2019年6月9日
3.みどころ情報

ガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガマズミ(レンプクソウ科)

日当たりの良い山野や林縁に生える落葉低木です。葉は広卵形で葉脈が目立ち、縁は波状の鋸歯で、両面に毛があり触るとざらつきます。本年枝から散房花序を出し白い小さな花を多数つけます。名の由来はガマズミの酸っぱい赤い果実を“噛み酢実”と言い、それが訛ったようです。 (「ひょうたん池」の南西側などに見られます)

 

 

エゾユズリハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾユズリハ(ユズリハ科)

多雪地域に多い常緑低木で、枝は粘り強く雪で押しつぶされても春になると起き上がってきます。葉は互生ですが枝先に集まってつき、葉柄や若い枝は紅色を帯びています。雌雄異株で、写真のように雌花は前年の枝の葉腋から総状花序を出し、花弁のない褐紫色の柱頭が目立ちます。名の由来は新しい葉が出ると前年の葉が落ちるので「譲り葉」とつけられたようです。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

ユリノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリノキ(モクレン科)

北米原産で高さ30mにもなる落葉高木です。葉の形に特徴があり、半天に似た形をしているから別名「ハンテンボク」と言います。枝先に黄緑色で付け根にオレンジ色の斑紋がある花弁でチューリップに似た径6cm程の花を付けます。だから「チューリップツリー」とも呼ばれます。 (「ナナカマドの森」の北西側に見られます)

 

 

ナワシロイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナワシロイチゴ(バラ科)

田植えの頃(苗代の頃)に赤い実が熟して食べることができるのでこの名がついたようです。葉は葉脈がくぼみ裏には白い毛が密生します。花は5個の萼片に5個の淡紅色の花弁で大きく開きません。 (「大平沼」の北側などに見られます)

 

 

ツレサギソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツレサギソウ(ラン科

林内や草地に生える多年草で、草丈が30~50cmです。茎先の花序に多数の乳白色の花を付けます。花の長い唇弁と3~4cmの長い距を下げているのが特徴です。名前の由来は花が(さぎ)(水鳥の仲間)の姿に似ているからのようです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

サイハイラン 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイハイラン(ラン科)

山地の林内に生える草丈30~50cmの多年草です。花茎を直立させ上部に淡紫褐色の花を10~20個密に付けた花序を付けます。1つの花は細長い側花弁と、先が少しふくらみ紫色をおびた唇弁からなり、下向きに咲き少ししか開きません。名は花序の様子が“采配”に似るからのようです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

ヤマウグイスカグラの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウグイスカグラの果実(スイカズラ科)

春、枝にピンク色の漏斗形の花をたくさんつけました。その花は今、甘くて真っ赤なグミのような果実になり、たくさんぶら下がっています。 (「マグノリア通り」に見られます)