カレンダー

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

湿地に咲く鮮やかな青紫色の花、カキツバタ

投稿日:2018年5月26日
3.みどころ情報

カキツバタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキツバタ(アヤメ科)

水辺や湿地に生える草丈50~80cmの多年草です。葉は幅が広く中央の葉脈が盛り上がりません。花茎の先に青紫色の花被片の花を付け、その中央に白色の斑紋があります。名前は“書き付け花”が訛ったもので、昔はこの花の汁で布を染めていたそうです。 (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

ヤマオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマオダマキ(キンポウゲ科)

林の縁や道端に生える多年草です。下向きに開く花は、外側が紫褐色の萼で、後ろに伸びている距も同じ色です。その内側に淡黄色の花弁があります。名前は距が長い花の形を、麻糸を巻く「苧環(おだまき)」に例えたようです。 (「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

アブラツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラツツジ(ツツジ科)

中部地方以北の太平洋側に多い落葉低木です。枝先に5~13個の小さな壺形の白い花を下向きにつり下げます。名前は葉の裏面がなめらかで光沢があり、油を塗ったようであることからついたようです。秋になると葉がきれいに紅葉します。 (「マグノリア通り」に見られます。)

 

 

マユミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マユミ(ニシキギ科)

山地に生える落葉低木で雌雄異株です。1年目の枝は緑色をしていて、その枝に淡緑色の4個の花弁と黒い葯の4個の雄しべの小さな花を数個つけます。この木はよくしなるので、昔、この木で弓を作ったそうです。それから名前がついたようです。 (「クリンソウの谷」などに見られます。)

 

 

コマユミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマユミ(ニシキギ科)

山地の林内に生え、高さ1~3mになる落葉低木です。根際からよく枝分かれして、葉は対生し、秋には美しい紅葉を見せます。本種は枝に翼がなく、翼があるものはニシキギです。小さな花は淡緑色の花弁が4個です。 (「クリンソウの谷」などに見られます。)

 

 

 

シロバナハマナス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナハマナス(バラ科

枝にはたくさんの刺があり、葉は奇数羽状複葉で裏面に毛がたくさん生えています。枝先にたくさんの雄しべと強い香りのある径5~8cmの白い花をつけます。花後に赤い果実が付き、それが梨のような味がするので「浜梨」、それが訛って名がついたようです。 (「ボルダーの庭」の北側に見られます。)

 

 

ヘビイチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘビイチゴ(バラ科)

野原などの湿った草地に生える多年草で、茎は地を這い節から根を出してふえます。葉は3出複葉で小葉には鋸歯があります。長い柄を出して黄色の5弁花を開きます。赤い果実は美味しくないのでヘビの餌にしかならないという意味で名前がついたようですが、ヘビは肉食です。 (「クリンソウの谷」の西側などの草地に見られます。)