野草園からのおしらせ

淡紫紅色の花を横向きや斜め下向きに付けるナンブアザミ

投稿日:2019年9月6日
3.みどころ情報

ナンブアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンブアザミ(キク科)

山地の林縁や草原に生える多年草で、高さ1~2mになるアザミです。茎の葉は披針状楕円形で全縁又は羽状に切れ込み、基部は茎を抱きません。花の総苞片は反り返り粘着はせず、淡紫紅色の花を横向きや斜め下向きに付けます。名前は基準山地が岩手県(南部地方)であるからです。 (「ナナカマドの森」に見られます)

 

 

サルスベリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルスベリ(ミソハギ科)

中国原産の落葉高木で、樹皮が剥がれなめらかな木肌が見られます。それが名前の由来、“猿も滑って落ちる”「猿滑り」になっています。花は、赤紫色の6個の花弁が縮れて波打ち、基部が柄のように細くなり、枝先につきます。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

イヌタデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌタデ(タデ科)

道端や荒れ地などに生える1年草で群生します。茎先に花序を出し紅色の小さな花を多数つけます。別名アカマンマと呼ばれ、この花をむしり取って赤飯に見立て子供のままごとに使ったそうです。 (「薬草コーナー」の西側の道側などに見られます)

 

 

ヌルデの虫こぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌルデ(ウルシ科)の虫こぶ

ヌルデの羽状複葉の葉軸部につくられた袋状の虫こぶで、ヌルデミミフシといいます。葉にヌルデシロアブラムシが寄生してできます。虫こぶを加熱乾燥したものが五倍子で、タンニンを豊富に含むので鉄と反応させると黒い染料になり、薬用や染色用に使われました。(「水辺の花コーナー」の西側の道側に見られます。)