野草園からのおしらせ

淡紫白色の花を下向きに開くレンゲショウマ

投稿日:2019年8月3日
3.みどころ情報

レンゲショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゲショウマ(キンポウゲ科)

山地の落葉樹林内に生える多年草で、草丈50~100cmです。茎頂にまばらな総状で淡紫白色の花を下向きに開きます。花弁は雄しべを囲み直立して端が紫色に染まり、そのまわりの花弁状のものが萼片です。名前は、花が蓮華(蓮の花)に、葉がサラシナショウマに似ているからついたようです。 (「七草の庭」の西側や「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

ヤマジノホトトギス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマジノホトトギス(ユリ科)

山地にはえる草丈30~100cmの多年草で、花は葉腋に付き、薄く紫色を帯びた6枚の花弁にたくさんの暗紫色の斑点があり、平らに開いています。雄しべと雌しべの上部が大きく反り返り、葯と柱頭が下を向いています。 (「ひょうたん池」の北側に見られます)

 

 

ムクゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムクゲ(アオイ科)

インド・中国原産で、日本では庭木や生垣として広く植栽され、樹高が3m程にもなる落葉低木です。花は淡紅色、白色など多彩で、5弁花や八重咲きで中心部が紅色に染まるものが多いです。1日花で、韓国の国花にもなっています。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

ヤマニガナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマニガナ(キク科)

山地の日当たりの良い林縁や草原に見かける草丈1~1.5mの2年草です。茎の上部に細い円錐花序を出し、黄色い舌状花だけの花をまばらにつけます。その花の総苞は長さ1cm程の筒状で下部がふくらみます。名前の由来は葉に苦みがあるからのようです。(所々に見られます)

 

 

ゲンノショウコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ンノショウコ(フウロソウ科)

山野の草地や道端に生える多年草で、昔から下痢止めの薬草として有名です。煎じて飲めばたちまち実感することから「現の証拠」と薬効の表現から名づけられたそうです。径2cm程の花は、白紫色の花弁が5個で、濃紫色の脈(筋)が目立ちます。 (所々に見られます)

 

 

ヤナギタンポポ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギタンポポ(キク科)

山地のやや湿り気のある所に生える多年草で、高さが0.3~1.2mです。葉は根生葉と茎葉があり、互生します。黄色い花は舌状花だけからなります。花がタンポポと似ていて、葉がヤナギの葉と似ているからこの名前があります。 (「ロックガーデン」に見られます)