カレンダー

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

淡い紫色のマツムシソウ

投稿日:2012年6月30日
3.みどころ情報

 マツムシ(スズムシ)に関連する名のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツムシソウ(マツムシソウ科)

 はやばやと咲き始めました。ロックガーデンのタカネマツムシソウも

まもなく咲きそうです。高原の草地などに多い越年草です。頭花は

多数の小花からなり、まわりをとりまく小花の先が5つに分かれます。

タカネマツムシソウは、マツムシソウにl比べて頭花が大きく、がくの

刺針が長いようです。

 

 

 下野の国(栃木県)で見つけられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シモツケ(バラ科)

 山地に生える落葉の低木です。枝先に小さな花を多数

開きます。花の色は淡紅色です。花弁は5個で、雄しべは

多数あります。雌しべは5個で果実は5個つきます。

 

 

 

 京染の鹿子絞に見立てた花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キョウガノコ(バラ科)

 自生しているのは見られないそうですが、庭園などに植えられている

多年草です。茎の頂に多数の紅紫色小花を密集してつけます。

 

 

 黄色い水草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサザ(ミツガシワ科)

 本州から九州までの湖沼やため池に生える多年生水草です。

葉はまるく長い柄があり、水面に浮かびます。葉のわきに黄色の

花を開きます。

 

 

 小形の花が米粒に似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメツツジ(ツツジ科)

 深山に生える小低木で、蔵王山にも生えています。葉は小形で

枝の先に集まってつきます。枝の先に白い小さな花を開きます。

よく似ているオオコメツツジは、葉に3本の脈があるので、区別

できます。