野草園からのおしらせ

橋の周りはクリンソウでいっぱい

投稿日:2019年5月30日
3.みどころ情報

クリンソウの群生2左クリンソウの群生2右

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリンソウ2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリンソウの群生

湿地の「クリンソウの谷」はクリンソウの花でいっぱいです。橋から見えるクリンソウは、数個の花を茎に輪生状に付け3~4段ほどです。これからも花茎を伸ばして花を輪生状に5~7段まで付けます。「クリンソウの谷」全体では、3000株以上のクリンソウがあります。

 

 

マルバダクブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバダケブキ(キク科)

湿り気のある草地や林縁に生える草丈40~120cmの多年草で、葉はフキに似て長い柄があり丸い形です。茎の先に大きな黄色い花を付けます。中心に筒状花で周りに舌状花が10個程なので花弁が抜けたような感じの花です。 (「ミズバショウの谷」に見られます)

 

 

アブラツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラツツジ(ツツジ科)

中部地方以北の太平洋側に多い落葉低木です。枝先に5~13個の小さな壺形の白い花を下向きにつり下げます。名前は葉の裏面がなめらかで光沢があり、油を塗ったようであることからついたようです。秋になると葉がきれいに紅葉します。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

スモークツリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモークツリー(ウルシ科)

中国~南ヨーロッパに分布し高さが4~5mになる雌雄異株の樹木です。径3mm程の淡緑色の目立たない花をたくさんつけます。雌株は花が終わると不稔花(受粉しなかった花)の花柄が長く伸びて羽毛のようになり、これを遠くから見ると煙や霞のように見えるから名前がついたようです。 (「スワンヒルの庭」の中央部に見られます)

 

 

ミヤコワスレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤコワスレ(キク科)

山地の木陰などに生える多年草で、ミヤマヨメナの園芸品種です。花は青紫色の舌状花で枝先に1~3個つけます。名前は、承久の乱に敗れ、佐渡に島流しされた順徳天皇の都恋しさをこの花の美しさによって慰められたという話からつけられたそうです。 (「ロックガーデン」の北側などに見られます)

 

 

ササバギンラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ササバギンラン(ラン科)

茎は直立して高さは30~50cmになり、葉は6~8枚が茎に互生し、基部は茎を抱いています。葉は縦の脈が目立ち、笹の葉に似ているのでこの名があるようです。白色の花を穂状花序に数個つけますが開くことは少ないようです。花の下にある葉状の苞が長く目立ちます。 (「深樹の小径」の入り口付近に見られます)

 

 

コウゾリナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウゾリナ(キク科)

山野の草地や道端などに生える高さ30~90cmの越年草です。茎と葉には褐色の剛毛があります。この刺状のかたい剛毛に触れると肌がすれて痛いところから、剃刀(かみそり)(髪剃は当て字)に例えてつけられた名前です。枝先に黄色の舌状花だけの頭花をつけ、総苞はやや黒っぽい緑色で剛毛があります。 (園内の所々に見られます)