野草園からのおしらせ

枝分かれした茎先につく紅紫色の筒状花だけの花、ヒメヒゴタイ

投稿日:2019年9月18日
3.みどころ情報

ヒメヒゴタイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメヒゴタイ(キク科)

山地の草原に生える2年草で、高さが1.5m程にもなります。葉は広披針形で羽状に深く裂けています。茎は上部で枝分かれし、紅紫色の筒状花の花を付けます。総苞は鐘形でその片に紅紫色の付属体が付いています。名はヒゴタイに比べて小形であるからのようです。 (「マグノリア通り」の東側に見られます)

 

 

ヤクシソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤクシソウ(キク科)

日当たりの良い草地や道端に生え、草丈30~60cmの2年草です。葉は鋸歯のある細長い心形で基部は茎を抱きます。枝先に黄色の舌状花だけの花を多数つけます。名前の“薬師草”の由来は、葉が薬師如来の光背に似ることのようです。しかし他の説もあります。 (「吉林の庭」の池の近くなどに見られます)

 

 

ウメモドキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメモドキの果実(モチノキ科)

山野の湿った所に生える落葉低木で、雌雄異株です。葉が梅に似ているのが名の由来で、小さな淡紅色の花を数個ずつ付けます。雌花は緑色の子房が目立ちます。今、雌株の方に赤い果実をたくさん付けています。尚、果実を楽しむには雄株・雌株の両方を植える必要があります。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

カナハラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラハナソウの果穂(アサ科)

山地に生える雌雄異株のつる性の多年草です。茎には下向きの刺があり他のものに巻き付いて成長します。雄株の雄花は淡紅色の花が穂状に多数付きます。そして雌株には雌花から変化した松かさ状に苞が重なった果穂が付きます。 (「水辺の花コーナー」の西側に見られます。)