開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

林の下はフクジュソウの花でいっぱい

投稿日:2018年3月31日
3.みどころ情報

フクジュソウの群生

フクジュソウ2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フクジュソウの群生とフクジュソウ(キンポウゲ科)

林の下の斜面には黄色いフクジュソウの花が群生しています。林の樹木はまだ葉がないので、フクジュソウは太陽の光をたくさん浴びられます。晴れた日には花を全開し、花びらは金属光沢があるかのように光っています。 (「ナナカマドの森」の東側に見られます。)

 

 

オオミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミスミソウ(キンポウゲ科)

雪解けの斜面に可憐な花が咲きました。花は花弁が無く白い花弁状の萼片6~8個で、天候が悪くなると閉じてしまいます。常緑の葉の形が三角形なので「三角草(みすみそう)」と名づけられたようです。別名「雪割草」とも呼ばれます。 (「ミズバショウの谷」の西側の木道の側に見られます。)

 

 

アセビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アセビ(ツツジ科

高さが1~3mの常緑低木で、白くて小さな壺形の花を下向きにたくさんつけた姿は清楚です。しかし、有毒な植物です。牛や馬が葉を食べると麻痺するので「馬酔木(あせび)」と呼ばれるようになったようです。早春に咲くので公園などにも植えられています。 (「吉林の庭」で見られます。)

 

 

ネコヤナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコヤナギ(ヤナギ科)

川や沼の側の湿った場所に生育する雌雄異株の落葉低木です。枝には帽子状の芽鱗が抜け落ち、銀色の絹毛に覆われた花序がたくさん付いています。写真の雄株の雄花序は紅色の葯が出てやや赤っぽく見えます。そして葯が開き黄色い花粉を出します。 (大平沼の北側の岸に見られます。)