カレンダー

2017年12月
« 11月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

来る春に備えて準備万端②

投稿日:2017年11月29日
3.みどころ情報

✿✿ 4/1にオープンした山形市野草園。12/1から3/31まで冬期休園になります。そんな中で、来春の春を待ち望む花たちの姿です。 ✿✿

 

 

ミズバショウ芽吹きミズバショウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウ(サトイモ科)の冬芽
野草園のシンボルでもあるミズバショウ。早春の雪解けの水が流れる辺り、緑の葉が先に出て、遅れて真っ白な花が顔を出します(右写真)。今は、雪の少ない場所ではもう緑の葉がチラチラと見えています(左写真)。冬の間、雪の下で春を待ち、他の花に先駆けて咲く花の一つです。          (「ミズバショウの谷」に見られます。)

 

 

ザゼンソウ芽吹きザゼンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)の冬芽
ミズバショウよりも更に一足早く、湿地(ミズバショウの谷)に咲き出します。花の様子が、座禅をしている僧のように見えるため、この名があります(右写真)。今は、ツンととがった暗紫色の芽を数センチ土から出しています(左写真)。自ら発熱し、雪を解かすと言われています。ミズバショウより水の少ない場所に棲み分けしているようです。

 

 

マルバマンサクの冬芽マルバマンサク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサク(マンサク科)の冬芽
春に先駆けて「まず咲く」ので、マンサクといわれているほど早く咲いてくれます。写真の冬芽は、もう黄色い花弁が見えています。線形で黄色の花弁と紫紅色の萼が良く目立つ花は(右写真)3月頃から咲き始め、4月上旬頃には見頃になります。マルバマンサクは日本海側に多く、マンサクは太平洋側に多い種です。   (園のあちらこちらで見られます。)

 

 

オオヤマザクラの冬芽オオヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオヤマザクラ(バラ科)の冬芽
今見られるプリッと丸みのある冬芽(左写真)は芽鱗が目立ちますが、毛はなくツヤツヤしています。淡紅色の大きめの花(右写真:径2cm~3cm)は5月の初旬頃が見頃です。北海道~四国などに自生している野生種の桜で、ヤマザクラ(山桜)に比べて花や葉が大きいことからこの名がつけられました。    (「マグノリア通り」「大平沼」周辺などに見られます。)

 

 

◆ この他にも、雪解けが早ければ、次のような可愛い花たちも見られることでしょう。

 

オオミスミソウセツブンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左写真…オオミスミソウ(キンポウゲ科)       右写真…セツブンソウ(キンポウゲ科)

 

✿✿ 今年度も、3万人以上の方々にご来園頂き、誠にありがとうございました。来年は、3/24(土)・3/25(日)にプレ・オープン、4/1(日)に正式オープンする予定です。どうぞ新年度もぜひご来園いただき、自然の中の花たちを楽しんでください。また来年度、お会いしましょう。 ✿✿