カレンダー

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

本園のシンボル「ミズバショウ」が開花

投稿日:2018年4月5日
3.みどころ情報

ミズバショウ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウ(サトイモ科

山形市野草園のシンボルになっている花です。看板やパンフレットにも載っています。花弁に見える白いものは仏炎苞と呼ばれるもので葉の変形したものです。中の細長い黄緑色の長い楕円形のような形のものが花序(小花の集まり)で、一つ一つに雌しべと4個の雄しべがあります。4月中旬には谷一面にミズバショウが咲き誇ります。 (「ミズバショウの谷」に見られます。)

 

 

リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

湿地に生え、葉は丸い形をしています。径2~3cmの花の黄色に見えるのは花弁状の萼片で、花弁はありません。鮮やかな黄色が金色のように見え、立った茎に花をつけるので「立金花」と名付けられたようです。野草園にあるリュウキンカは秋(9月下旬頃)にも花を咲かせます。 (「クリンソウの谷」を流れる小川に見られます。)

 

 

4.3 ミスミソウ○

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスミソウ(キンポウゲ科)

野草園ではオオミスミソウが咲いた後で、一回り小さい花茎2~3.5cmのミスミソウが咲き始めました。写真は赤紫色の花ですが、白色やピンク色の花も咲きます。ミスミソウという名は、三角の形をした葉からついたようです。 (「ひょうたん池」の南東側などに見られます。)

 

 

キクザキイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチゲ(キンポウゲ科

雪解けした枯れ葉の多い林下に咲いています。周りの樹木や草花が葉を茂らせる前に咲き出します。花はアズマイチゲと似ていますが、葉は切れ込みが多く花も菊に似ているのでこの名が付いたようです。花色は淡紫青色や白色などがあります。日が当たると花が開き、曇りの日は閉じてしまいがちです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます。)

 

 

ハシバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシバミ(カバノキ科

山地の日当たりの良い所に生える落葉低木です。葉が開く前に開花します。たれ下がっているのが雄花序(雄花の集まり)で、小さく赤いものが雌花序(雌花の集まり)です。雌花序は芽鱗に包まれたまま開花し赤い先だけが伸びています。風によって花粉が運ばれ受粉します。 (いろいろな所に生育、「クリンソウの谷」の北東側に大きいものが見られます。)