カレンダー

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

日本固有種、1属1種の花…レンゲショウマ

投稿日:2015年7月31日
3.みどころ情報

7.31 レンゲショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゲショウマ(キンポウゲ科)

花が蓮に、葉がサラシナショウマに似ているので、この和名が付いています。山地の湿り気のある林下などに生える、草丈80cm程の多年草で、花径は4cm程です。うつむき加減に咲く花は日本人の感性に合うのか、「レンゲショウマは咲きましたか?」と言う問い合わせが多い花です。うっすらと赤みを帯びた光沢のある薄紫の、気品あふれる花です。萼も花弁状で平らに開き、花弁は抱えるように咲くので、一見すると二段構えの花弁が並んでいるように見えます。  (「ひょうたん池」の西側、「ハーブ園」前などに生育)

 

 

 

7.31 コバギボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コバギボウシ(ユリ科)

本種も日本固有種です。九州~本州の日当たりの良い山地の湿地に生える、草丈30~50cmの多年草。葉は卵状長楕円形で、先は尖り、基部は多少翼状になって茎に流れます。長さ4~5cmの花は、筒状鐘形で下半分は細く、上部は広がります。一日花で、下から順に咲いていきます。       (「ひょうたん池」西など、園内所々に生育)

 

 

 

0802ルリタマアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルリタマアザミ(キク科)

地中海沿岸~西アジアに分布する、草丈50~120cmの2年草~多年草。葉は切れ込みが深く棘があり、アザミにそっくりです。茎の頂に、径4~5cmの球形の頭花を付けますが、近づいてみると、5枚の花弁をもつ小さな花が集まって球状になっていることが分かります。和名は、見た目そのものと言う感じです。

 

 

 

0808オタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタカラコウ(キク科)

ヒマラヤ~東アジア、日本の山地に分布する、草丈1~2mになる多年草。フキの葉に似た、40~60cmの丸い葉を持ち、立ち上げた茎の上部に円錐状に花穂を付けます。1つの花は黄色い舌状花を8枚前後もち、これが舌状花が2,3枚程度のメタカラコウとの大きな違いです。“雄宝香”の“宝香”とは、防虫にもなる香りの事です。   (「ひょうたん池」南側に生育)

 

 

 

0801アガパンサス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アガパンサス(ユリ科)

南アフリカ原産の、高さ70~100cmの多年草。日本へは明治の初期に渡来しました。茎の頂上に、紫色の細長いラッパ状の花放射状に開く姿が特徴的です。和名は「ムラサキクンシラン」。根は太くて強いので、斜面や土手の土の流出を防ぐのに役立つそうです。   (「友好姉妹都市の庭」に植栽)