開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

心が洗われるような白い花を見つけに行こう!

投稿日:2020年5月9日
未分類

P5214909アケビ (2) DSC_0580アケビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アケビ(アケビ科)
里山で普通に見られる、落葉つる性の植物です。大抵の方はアケビの実を見たことがあり、食べたこともあることでしょう。でも、花を見たことがある方は少ないかも知れません。写真はまだ開ききる前のアケビの花です。雨の後は特にきれいです。やがて伸びていき、雌花と雄花が開きます。(「アケビのトンネル」で見られます)

 

 

 

P5043057 DSC_0103 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマ(バラ科)
雪解け後の湿地などに生える高山植物です。トレッキングに出かける方にとってはお馴染みの花です。「見たことがあるよ。」」という方は多いはず。背丈は小さいけれども、草ではなく木です。白い花に、たくさんの黄色い雄しべと雌しべが綺麗です。花が終わった後の羽毛状の様子が、江戸時代の幼児の髪型に似ていることが名前の由来と言われています。調べてみてください。(「ロックガーデン」などで見られます)

 

 

 

DSC_0288 DSC_0289 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツガシワ(ミツガシワ科)                                                   

なんと、氷河期からの生き残りとされ《生きる化石》と呼ばれることもあります。ナウマン象の化石と同じ地層から、その種子が多く発見されるようです。寒冷地の湿地や沼に生える1属1種の多年草で、花弁の周りに毛のある独特の花を咲かせます。3枚の葉が「三ッ柏」の紋に似ていることが名前の由来です。(「ミズバショウの谷」の北側で見られます)

 

 

 

DSC_0626アオノツガザクラ P5073386 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオノツガザクラ(ツツジ科)                               

本州中部地方以北の高山帯に生える常緑小低木です。夏、コマクサの咲く頃、蔵王熊野岳山頂付近でも見ることとが出来ます。高山では夏の花ですが、野草園では早めに咲きだします。白くて丸い小さな花がまとまって咲きます。(「ロックガーデン」頂上で見られます)

 

 

 

DSC_0764 P5113909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヤシオ(ツツジ科)
高山を渡る風のような、純白で清楚な感じのする花がとても綺麗です。よく見ると、5つに咲ける花の中に、緑色の斑点がある。花の中をのぞいて見てみましょう。葉が枝先に5枚輪生状に付くことから「五葉(ゴヨウ)ツツジ」とも言われています。 (「ツツジの丘」、「ロックガーデン」で見られます)

 

 

 

P5164503 P5073439

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキザサ(ユリ科)⇒間もなく開花                                                                                 

ユキザサ、なんと美しい響きの名前でしょう。雪笹、まるで緑色の笹の葉の上に粉雪が乗っているような、咲き始めのその姿。誰がこんな素敵な名前を付けたのだろう。そんなことを考えながら、あなたならどんな名前を付けるでしょうか?(「薬草コーナー」向かい側の山の斜面で見られます)