カレンダー

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

島嶼型のトビシマカンゾウ

投稿日:2012年6月29日
3.みどころ情報

 ニッコウキスゲよりも草丈が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トビシマカンゾウ(ユリ科)

 海の近くに生える多年草です。草丈が高い点を除いてはニッコウキスゲと

区別点は見いだせなく、海岸という立地に基づく生態型(島嶼型)であろうと

考えられています。飛島では全島にわたって広く分布しています。この花や

蕾をとって食用にしたり、葉は稲わらの代用として島民の生活に利用されて

いたそうです。

 

 

 星形の黄色い5弁花を密生します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリンソウ(ベンケイソウ科)

 海岸の岩上や山地の草原、林縁などに生える多年草です。葉は一般に互生し

倒卵形または長楕円形で先端はややまるく、基部はくさび形でほとんど柄はありません。

茎の先に多数の黄色い花をつけます。花弁は5枚で披針形で先は鋭く尖ります。名は

黄色い花が輪になって咲くからといわれていますが、はっきりしたことはわかりません。

 

 

 七夕飾りのような花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウリノキ(ウリノキ科)

 山地に普通に生える落葉低木です。花は咲いたと思うと、すぐに落ちてしまうようです。

花弁は6枚で線形です。写真のように著しく外側に巻き込みます。雄しべは12個あり、

葯は黄色で細ながい。果実は楕円形で藍色に熟します。名は葉の形がウリの葉に似て

いることからつけられました。花も果実も楽しむことのできるウリノキです。

 

 

 セロリのような香気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワテトウキ(セリ科)

 本州中部地方以北の亜高山帯から高山帯にかけて生える多年草です。

全体にセロリのような香気があります。セリ科の花はどれも花火のように

広がった散形花序につき同じように見えるので、区別することがなかなか

難しい植物です。名は、岩手トウキで岩手地方に産することによるそうです。