野草園からのおしらせ

大平沼周辺の紅葉も深まっています

投稿日:2019年11月2日
3.みどころ情報

大平沼の紅葉2左大平沼の紅葉2右

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大平沼周辺の樹木の紅葉

野草園の北側には大平沼があり、その周りの樹木の紅葉も深まっています。オオヤマザクラの葉は散り、コナラやミズナラの葉が黄色くなり始めています。そして数羽のカルガモが楽しそうに泳いでいます。冬まで、カルガモはこの沼で生活しています。遠くに見える瀧山も紅葉が最後です。

 

 

マルバマンサクの黄葉マルバマンサクの黄葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサクの黄葉(マンサク科)

園内では春一番に、黄色い線形の花弁の花を咲かせる樹木です。今は黄色い倒卵円形の葉が目立ちます。紅葉する前、枝には直径1cm程の黄色ぽい果実も付いていました。 (「スワンヒルの庭」など所々に見られます)

 

 

イタヤカエデの黄葉イタヤカエデの黄葉の葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタヤカエデの黄葉(ムクロジ科)

山地に生える落葉高木です。葉は対生し、掌状で5~7に中裂~浅裂し、裂片の先端はとがり縁には鋸歯がありません。花は一つの花序に雄花と両性花が混生します。秋に黄色く色づくカエデの代表です。名は葉がよく茂り板屋根のようになるからのようです。(「クリンソウの谷」や「カエデの森」に見られます)

 

 

メグスリノキの紅葉 (2)メグスリノキの紅葉の葉2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メグスリノキの紅葉(ムクロジ科)

山地に生える雌雄異株の落葉高木で、昔、灰色の樹皮を煎じて洗眼薬にしたのでこの名があります。対生する葉は3出複葉で、サーモンピンク色のような赤色の紅葉で非常に鮮やかです。近年は紅葉が美しい庭木として注目されつつあるようです。 (「マグノリア通り」などに見られます)

 

 

イイギリの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイギリの果実(ヤナギ科)

 山地に生え、太い枝を放射状に広げる雌雄異株の落葉高木です。5月に枝先に円錐花序をつけて垂れ下がりました。花は花弁がなく、萼片は5枚で緑黄色です。今はたくさんの果実をブドウのように垂れ下げています。果実は球形で熟すると赤くなり、落葉後も長く樹上に残っています。 (「スワンヒルの庭」に見られます)