野草園からのおしらせ

可憐なユリの花、ヒメサユリ

投稿日:2019年5月31日
3.みどころ情報

ヒメサユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメサユリ(ユリ科)

主に新潟県、山形県、福島県に分布し、山地の草地に生える草丈30~50cmの多年草です。ヒメサユリはササユリに似ていますが、背丈が低く、葉は短くて幅が広く、雄しべの葯が黄色く、花被片の先が大きくそらないなどの違いがあります。別名はオトメユリです、可憐さがあるので名がついたようです。 (「ひょうたん池の」の西側に見られます)

 

 

コゴメウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コゴメウツギ(バラ科)

明るい林内に生える落葉低木で、葉は浅く3つに裂けた形で裏面は淡白緑色です。散房状の花序に白い花をつけます。名前は、小さいので米粒に例えられ、ウツギの花に似ているのでつけられたようです。(「ツツジの丘」の西側に見られます)

 

 

カンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(レンプクソウ科)

山地のやや湿った場所に生える落葉低木で、葉は3裂しています。枝先にガクアジサイに似た花を付けます。中央には雄しべと雌しべがある小さな両性花が、周囲には5枚の白い装飾花の集まりが付きます。花後にたくさんの赤い実を付けます。 (「クリンソウの谷」の西側に見られます)

 

 

サンショウバラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンショウバラ(バラ科

日本固有種で富士箱根地区の山地に自生します。幹は太く枝は分岐して屈曲し、鋭い刺があります。葉は奇数羽状複葉で名前の通りサンショウの葉に似ています。小枝の先端に径5~6cmの淡紅色の5弁花を付けます。花弁の先は少し波打っています。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ハクサンシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)

本州~北海道の亜高山帯に生育する常緑低木です。葉は厚く長楕円形ですが、裏面はアズマシャクナゲなどと違い綿毛はありません。淡紅色で内側に淡緑色の斑点がある漏斗形の花を枝先に10個程付けます。名前は石川県の白山で最初に採集されたからのようです。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

ヒオウギアヤメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒオウギアヤメ(アヤメ科)

湿った草地に生える多年草です。葉の幅はアヤメより広いです。花はアヤメと同じように紫色の外花被片には網目模様があります。しかし内花被片は小さく立ち上がりません。名前の由来は葉が桧扇(ヒオウギ)に、花がアヤメに似ているからです。 (「水辺の花コーナー」に見られます)

 

 

シライトソウ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シライトソウ(シュロソウ科)

山地の木陰に生える多年草です。根生葉は長楕円形で、線形の茎葉がつきます。花茎の先に10~20cmのブラシのような総状花序をつけます。花序は白い糸のような花被片の花を多数つけ、下から順に咲き上がります。白い小花は6個の花被片と雌しべ、6個の雄しべがありますが、4個の花被片以外はごく小さくて花茎に密着しています。 (「ひょうたん池」の西側などに見られます)

 

 

イワヒゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワヒゲ(ツツジ科)

寒い地方の高山の岩場などに、地を這うように生育する常緑小低木です。高さは10cm程で茎は紐状、鱗片状の葉が密着し、たくさんの緑色の紐が出ているように見えます。葉の付け根から花柄を伸ばして小さな壺形の白い花を下向きにつけます。 (「ロックガーデン」の中央付近に見られます)