カレンダー

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

北国のツバキ「ユキツバキ」

投稿日:2015年4月28日
3.みどころ情報

4.28 ユキツバキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキツバキ(ツバキ科)

日本海側の多雪地帯に分布する常緑低木。枝はしなやかで、雪に埋もれることで寒さから身を守っています。似ているヤブツバキとは、花糸(雄しべ)が黄色くて、茶筅のようにまとまらずバラバラな点で区別ができるようです。

 

 

4.25 シュンラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュンラン(ラン科)

山地の乾燥した斜面などに見られる多年草。早春に咲くランであることからの名です。黄緑色の花に赤紫色の斑点があるのが特徴です。山形の方言では「ズドバ」と呼ばれます。

 

 

4.28 オオカメノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオカメノキ(スイカズラ科)

ウサギのような、宇宙人のような冬芽が開き、ガクアジサイのような花が咲きました。花の中心部には小さな両性花が集まり、その周りの花弁に見えるものは装飾花です。名は、葉が大きな亀の甲羅に似ているからです。

 

 

4.28 レンギョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンギョウ(モクセイ科)

中国原産の落葉小低木。本園では「吉林の庭」で咲いています。枝は中空で、伸びた枝は垂れ下がります。葉を展開する前に、径3㎝程の鮮黄色の花を咲かせます。