野草園からのおしらせ

八重咲きのウツギ……「シロバナヤエウツギ」

投稿日:2017年6月24日
3.みどころ情報

“ウツギ”と名のつく花が今、数種類咲いています。見比べてください。

 

シロバナヤエウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナヤエウツギ(アジサイ科)

高さ2m程で、細い卵形の葉が対生する落葉低木です。枝先に円錐花序を付け、八重咲きの白花を多数咲かせます。花弁の長さは1㎝程で、雄しべと花柱は余り目立ちません。幹が中空であることから「空木(うつぎ)」の名が付きました。園芸種と思われがちですが、自生する種です。      (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

ウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウツギ(アジサイ科)

北海道~九州の山地に普通に自生する落葉低木で、高さは1.5m程。長卵形の葉は対生し、触るとざらつく感じです。枝先に円錐花序を出し、多くの白花を咲かせます。萼筒は鐘形、5個の花弁は長楕円形で長さ1㎝以上あります。“ウノハナ”の呼び名は“ウツギ花”が略されたものです。       (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

バイカウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイカウツギ(アジサイ科)

本州~九州の山地に生える高さ2m程の落葉低木。枝先に径3cm程の白色の4弁花を咲かせます。広卵形の葉は対生し、先が少し尖ります。花の形がウメの花を思わせるところから和名が付きました。     (「ナナカマドの森」に見られます。)

 

 

 

ハコネウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハコネウツギ(スイカズラ科)

太平洋側の山地に生える、高さ2m程の落葉低木。対生する葉はやや厚く、光沢があります。花径2~3cmの漏斗型の花は、最初花色が白色で、次第に紅紫色に変化していくのが特徴です。     (「クリンソウの谷」の南側に見られます。)