野草園からのおしらせ

先が5裂した青紫色の花が茎頂だけでなく葉腋にも付く、エゾリンドウ

投稿日:2019年9月16日
3.みどころ情報

エゾリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾリンドウ(リンドウ科)

山地の湿地などに生える多年草で草丈30~80cm、葉は対生します。茎頂だけでなく上部の葉腋の数段に、長さ4cm程の青紫色の筒状鐘形の花を5~20個付けます。花屋で売られているリンドウはこれの園芸品種です。 (「水辺の花コーナー」に見られます)

 

 

サクラタデ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラタデ(タデ科)

水辺や湿地に生える多年草で草丈50~70cm、地下茎を横に伸ばしてふえていきます。穂状花序は細長く、淡紅色の小花をやや密につけます。花弁状のものは萼片で5裂し、花弁はありません。名前の由来は花がサクラに似ているからのようです。 (「クリンソウの谷」の南側などに見られます)

 

 

アキノキリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノキリンソウ(キク科)

山野の日当たりの良い草地などに生える草丈30~80cmの多年草です。直立した茎の上部に黄色の小花をたくさん総状につけます。小花は中心に筒状花、周りに舌状花がまばらに並びます。名はキリンソウに似ているからつけられたと言われています。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

ツリバナの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリバナの果実(ニシキギ科)

山野の林内に生育する落葉低木で、枝から長い柄のある花序を出すことが名の由来になっています。春に花弁が5枚の淡緑色の小さな花をつけましたが、今は真っ赤な果実が長い柄にぶら下がり5裂して橙赤色の仮種皮に包まれた種子を釣り下げています。 (「ひょうたん池の」南西側などに見られます)