カレンダー

2017年10月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

個体数が減っている貴重な花……「ムシャリンドウ」

投稿日:2017年6月17日
3.みどころ情報

ムシャリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムシャリンドウ(シソ科)

高さ15~50㎝の茎先に、青紫色の花を数個固まって付けます。長さ3cm程の唇形花で、下唇が発達して濃い紫色の斑が入る所は「ラショウモンカズラ」に似ています。葉は少し幅のある線形で、対生します。名の由来は“滋賀県武佐”からと言われますが、滋賀県に自生地は無いようです。      (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

シロバナカキツバタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナカキツバタ(アヤメ科)

湿地や池などに生育し、ハナショウブなどと似ていますが、披針形の葉に中肋はありません。花弁の中央に黄色い条紋があれば“ハナショウブ”、網目があれば“アヤメ”と言えるのでしょうが、本種はいずれも異なります。内花被片の様子からもカキツバタの白花種と思われます。     (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

 

シラタマノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキ(ツツジ科)

高さは30㎝以内と、地面を這うような小低木。枝先近くに径5mm程のドウダンツツジの様な釣鐘型の花を付けます。葉は長さ3cm程の楕円形で艶があり、互生します。花後、花弁状の萼片が果実を包み、白い球状になるので「シラタマノキ」と呼ばれます。果実は潰すとサリチル酸の匂いがします。    (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

ウグイスカグラ 果実ウグイスカグラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウグイスカグラ(スイカズラ科)の果実

4月中旬ころ、右写真のような細いラッパ型のピンクの花を咲かせていましたが、現在はグミの様な楕円球の液果を真っ赤に熟させています。果実の長さは1㎝程で透明感があり、食べると甘みを感じます。    (「ツツジの丘」等で見られます。)