カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

今年度の野草園は、11/29(日)で終了です。

投稿日:2015年11月26日
3.みどころ情報

◎3/28㈯、青空の下にプレ・オープンした山形市野草園。初日から、春の訪れを待ちかねた方々が大勢来てくださいました。あれから8か月。おかげさまで入園者は3万名を超えました。その野草園も、11/29で終了し、12月~3月末まで冬季休園となります。なお、冬季休園中も期日限定で「野草の丘」での“ソリ遊び”や“四季観察会”などの予定もありますので、どうぞふるってご参加ください。本年度の御来園に感謝し、また来年度もお越しいただくことをお願いして、本年度の“見どころブログ”を修了します。ありがとうございました。

 

★★来春、開園の頃に見られるだろう花たち★★

 

4.08 ザゼンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)

白く積もった雪を自らの熱で溶かして姿を見せると言われるザゼンソウ。野草園で、ぜひ見て頂きたい植物の一つです。外側の暗紫色の花びらに見えるところは“仏炎苞”という、葉が変化したもので、中の小さな花の集まりを守っているようです。高さは、10~20cm程。    (「ミズバショウの谷」に見られます)

 

 

 

3.31 フクジュソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フクジュソウ(キンポウゲ科)

花弁の内側に金属光沢のある鮮黄色の花は、パラボラアンテナのような形をしており、花の中心に光や熱を集めて、受粉を手伝ってくれるハチなどの虫を誘う仕掛けになっています。花径は3~4cm。   (「花の草原」の近くで見られます)

 

 

 

4.03 セツブンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セツブンソウ(キンポウゲ科)

旧暦の節分の頃に開花するので“節分草”と言われます。花弁に見えるのは萼片で、雪の下で開花の準備を進め、雪解けとともに開花します。本種は、雄しべの葯(花粉袋)が紫色で、とてもきれいです。花径は3~4cm。    (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

 

4.08 リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

春に多く花咲くキンポウゲ科の中で、水辺の大好きな植物です。茎を立ち上げ金色(黄色)のを咲かせるので“立金花”です。若い茎や葉は、おひたしにできるという話もあります。 花径は3~4cm。   (「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

 

4.03 オオミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミスミソウ(キンポウゲ科)

別名“雪割草”とも呼ばれるように、雪が解けるとともに美しい花が見られます葉が三角形に見えるので“三角草”と付いたようです。 花径は4~5cm。   (「ミズバショウの谷」の付近の土手に見られます)

 

 

 

3.28 マルバマンサク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサク(マンサク科)

黄色い線状の花弁がチリチリと縮れており紫紅色の萼と好対照の色合いです。春に「まず咲く」から“まんさく”です。太平洋側に多い「マンサク」と大きく違うのは“葉の先が丸い”点です。    (「野草の丘など、あちこちで見られます」)