カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

今年の野草園は、11/30で終了

投稿日:2014年11月24日
3.みどころ情報

※ 3/29(土)にプレオープンし、4月1日には正式オープンした山形市野草園。今年も、多くの来園者の方に楽しんで戴きましたが、12月~3月の冬期間、休園します。

 なお、休園中も、期間限定で「野草の丘」での“そり滑り”や、“四季観察会”などの予定がありますので、どうぞふるって参加してください。

 今年の御来園に感謝し、また来年お越し戴くことをお願いして、今年のブログを終了します。ありがとうございました。

 

★★ 来春、開園日に見られるだろう花たち ★★

 

1115ザゼンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)

ミズバショウより一足早く「自然ふれあいゾーン」に顔を出します。花の様子が、僧が座禅をしているように見えるので、この名があります。紫褐色の花のように見える部分は、仏炎苞と言われるものです。

 

 

1115ミズバショウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウ(サトイモ科)

山形市野草園を代表する花で、園のシンボルマークにもなっていて、「自然学習センター」の壁のレリーフにもなっています。仏炎苞は純白で、とても清楚な感じがします。「ミズバショウの谷」を1万株で埋め尽くし、それは見事です。

 

 

1115マルバマンサク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサク(マンサク科)

「マンサク」は、太平洋側に多く、葉の先が丸い「マルバマンサク」は日本海側に多い種です。線形で黄色い花弁と、紫紅色の萼がよく目立ちます。春に先駆けて「まず咲く」ので「マンサク」と言われています。

 

 

1115オオミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミスミソウ(キンポウゲ科)

雪解けのあと、落ち葉を押しのけて咲きます別名「雪割草」とも言われます。ミスミソウ(三角草)は、葉の形が三角に見えるからです。「ミズバショウの谷」の木道近くの斜面に咲きます。

 

 

1115セツブンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セツブンソウ(キンポウゲ科)

旧暦の節分の頃に開花するので「節分草」と言われているようですが、野草園では、雪が解けるとすぐに開花します。雪の下で、すでに開花して雪解けを待っているのです。白い五弁花ですが、黄色い蜜腺と雄しべの葯が紫色で、とてもきれいです。