カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

下向きに咲く桃色の花…「ベニバナイチヤクソウ」

投稿日:2017年5月31日
3.みどころ情報

ベニバナイチヤクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニバナイチヤクソウ(ツツジ科)

径3~4㎝の円形の葉基部がやや心形になっています。葉の間から高さ15~25cmの赤みを帯びた花茎を伸ばし、総状花序に8~15個の花を咲かせます。花は桃色~濃桃色で花弁は5個、径13mm程の広鐘形です。下向きに咲き、花柱は湾曲します。   (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

オオアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオアマナ(キジカクシ科)

長さ20~30cmの線状の葉を6~10枚付け、20cm程の高さの茎先に、径3cm程の白色の6弁花を咲かせます。特徴として、花被片の裏側は緑色で、白色の縁取りがあります。よく見ると雄しべの基部が幅広くなり、王冠のように見えます。明治時代に輸入され、栽培品が野生化しています。      (「吉林の庭」で見られます。)

 

 

 

アブラツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラツツジ(ツツジ科)

枝の先に輪生状に付く葉の裏側に光沢があり、まるで油を塗ったようなので、この名が付いたようです。花は長さ4~5mmの壺形で、先端は浅く5裂し、軽く外側へカールしています。緑白色の花は下垂して咲き、大きくは開きません。秋には見事な紅葉を見せてくれます。    (「マグノリア通り」に見られます。)

 

 

 

カマツカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カマツカ(バラ科)

九州~北海道に分布する落葉高木で、材が粘り強いために鎌などの柄に利用されますが、あまり長い材を得られないので、「鎌の柄ぐらいなら役立つ」という意味で「カマツカ」の名が付いたようです。枝先に10~20個集まって咲く花は、径1㎝程の白色5弁花で、花弁はほぼ円形、20本の雄しべが目立ちます。      (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

トリガタハンショウヅル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリガタハンショウヅル(キンポウゲ科)

本州、四国に生えるツル性の低木。花は淡黄白色で、長さ3cm程の花弁状の萼片の質は薄く先は丸くなっています。葉は三出複葉で、ツル性植物としては控えめで低木にからむ程度です。名は、高知県の鳥型山で採集され、鐘型の花だからです。   (「深樹の小径」で見られます。)