カレンダー

2017年10月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

一足遅れて二輪揃う…「ニリンソウ」

投稿日:2017年5月10日
3.みどころ情報

ニリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニリンソウ(キンポウゲ科)

若葉が猛毒のトリカブトと似ている事は、たいていの方が知っている植物です。葉が茎の芯近くまで深く裂けている点、茎が枝分かれをしない点が明確な相違点で、茎を折らなくても区別できるようです。花期には茎頂から2本の花茎を伸ばし、白い花弁状の萼片を持つ、径2cm程の花を2輪咲かせます。どちらか一方が早く咲き、片方は後からついていくように遅れて咲きます。   (「藤棚」近くに見られます。)

 

 

 

シュンラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュンラン(ラン科)

高さ10cm程の花茎は薄膜状の鱗片にゆるく包まれ、横を向いた花を付けます。萼片が左右と上下に広がって三角形の頂点を作り、つき出した唇弁には普通、濃紫色の斑紋が入ります。本園のシュンランも、芳香があまりないようです。    (「ロックガーデン」等で見られます。)

 

 

 

オオタチツボスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオタチツボスミレ(スミレ科)

葉は円心形で、みずみずしい質感。葉脈はへこんでいます。北海道~九州の主に日本海側の多雪地に生育します。花柄が茎の途中から出るのも見分ける観点ですが、距が白い事が簡便な見分け方です。    (「アケビのトンネル」付近などに見られます。)

 

 

 

ツバメオモト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツバメオモト(ユリ科)

巻き込むように束生した葉の間に、白い小花を総状に付けます。花被片は6枚で、花茎は初め低いのですが、40~60cmまで伸びてきます。名の由来は諸説ありますが、径1㎝程の瑠璃色~黒色の球果が、ツバメの頭に似るという説が説得力がある感じがします。       (「深樹の小径」に見られます。)

 

 

 

ヒメツルニチニチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)

螺旋状に重なった紫色の五弁花が、地面を鮮やかに飾ってくれています。花径は2~2.5cm、ニチニチソウよりは全体に小さく茎が匍匐して伸びていき、日ごとに新しい花が咲く一日花であることから「ヒメ ツル ニチニチソウ」です。   (「ロックガーデンのの登り口」に見られます。)

 

✿✿サクラの開花状況✿✿

 ○ミヤマカスミザクラ…満開で見ごろ。   ○カスミザクラ…散り始め。   ○ウワミズザクラ…もうじき咲きそうです。